ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年10月31日付け

 バスで帰宅中、ナタール(クリスマス)の飾りを並べた季節限定の仮設店舗がもう並び始めたのに気づいた。そういえば、大通りから見たビルにも電飾やモールが飾られていたなと思った矢先、聖市のショッピングセンターでナタールの飾り付け本格化との記事も出た▼もっとも、9月の終りにはパネトーネが並び始める国なのだから、いまさら驚く事ではない。シリアでもナタールには和平が完全実現していればよいがと考える一方、伯国が様々な国から来た民族から成る人種の坩堝で、各々の文化や伝統は、混交を許しながらも簡単に消滅しない事を再度実感する▼先に挙げたパネトーネは、ピザやマカロン同様にイタリアの食ベ物。パパイ・ノエル(サンタクロース)が北半球と同じ長袖で長ズボンに帽子という、真夏の南米にしては少々暑苦しい衣装をし、雪まがいの綿をクリスマスツリーに飾ったりするのは、北欧文化への敬意の表れか、それとも商業主義がはびこる証拠か▼南伯や聖市などで10月に開催されるオクトーバーフェストはドイツの伝統行事だし、聖週間はバカリャウ料理を食べ、日本人の祝い事にはシュラスコと共に寿司や煮しめも並ぶ▼10月31日のハロウィーンや11月2日のズンビーウオークも定着してきた伯国だが、日系社会ではレジストロの灯篭流しが定番行事だ。当地のお盆「フィナードス」に日本の灯篭流しが一体化した行事だ。日本では原爆記念日の8月5日夜、聖市イビラプエラ公園で行われる灯篭流しは、日本のカレンダーに伯国のイベントを重ねた例だ。行事一つにも、この国が人種の坩堝であることが実感される。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]