ホーム | 日系社会ニュース | もず唱平、高橋樺子さん来伯=被災地支援を歌に込め=著作権の重要性も訴え

もず唱平、高橋樺子さん来伯=被災地支援を歌に込め=著作権の重要性も訴え

ニッケイ新聞 2012年11月30日付け

 日本の作詞家・もず唱平さんと歌手の高橋樺子さんが、2日に行われるブラジル日本アマチュア歌謡連盟(NAK)による「第18回ブラジル紅白歌合戦」に出場するため来伯している。
 今回披露する高橋さんのデビュー曲「がんばれ援歌」は、東日本大震災1カ月後から被災地で歌ってきた。もずさんが呼びかけ4人の音楽家が合作したもので、曲の著作権料およびCDの売上金は被災地支援に使われる。
 大阪国際平和センターで、歌を通し戦争と平和を考える活動に参加していたため、歌唱者に選ばれた。現在も「平和」をテーマに活動している。
 もずさんは来伯3回目。日本音楽著作権協会の監事を務めるなど知的財産権の推進に力を入れており、ブラジル著作権協会を訪問し、当地の状況を見聞する予定。
 ビートルズの「イエスタデイ」1曲の資産価値が3千億円にもなる例を挙げ「著作権をしっかり理解し育てれば、大きな国益になる。アメリカが今でも世界のリーダーなのは、知的財産権を握っているから」と力説。
 一方「ブラジルは大衆音楽が豊かだけど、知的財産権を守らない。大きな資産を持ちながら気がついていない」と話し、交流のあったNAK名誉会長の北川朗久さんになんらかの行動を呼びかけている。
 二人は、28日に憩の園、29日はサントス厚生ホームを慰問した。30日はホテル・ブルーツリーパウリスタ、1日はカンポスあじさい祭りでショーを行う。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル福島県人会創立100周年=記念式典に知事ら18人来伯=「皆さんは福島県人の誇り」2017年10月28日 ブラジル福島県人会創立100周年=記念式典に知事ら18人来伯=「皆さんは福島県人の誇り」  創立から100年を迎えたブラジル福島県人会(永山八郎会長)が22日、サンパウロ市の北海道協会会館で『ブラジル福島県人会創立100周年記念式典』を開催した。日本から来伯した内堀雅雄知事や杉山純一県議会議長ら18人の慶祝団をはじめ、来賓や県人ら約300人が祝いのために駆け […]
  • ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」2017年7月18日 ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」  創立50周年を迎えたブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)主催による「慶祝日本民謡親善公式訪問団ブラジル公演」が、16日午前9時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, […]
  • ニッケイ俳壇(888)=星野瞳 選2016年5月12日 ニッケイ俳壇(888)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎屠蘇を酌む我百才をブラジルに野の雨降りそびれたる残暑かな宙を飛び逃げる蛇追ひアヌン二羽草青む牧場に光る沼一つこぼれ種子まで生える蕎麦の花盛り【百才を迎えたこの作者はまだ元気一ぱい、たのもしい限りである】   ペレイラ・バレトット    […]
  • ニッケイ俳壇(884)=星野瞳 選2016年4月15日 ニッケイ俳壇(884)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎野良の雨降りそびれたる残暑かな宙をとび逃げる蛇追ひアヌン二羽草青む牧場に光る沼一つ屠蘇酌み我百才をブラジルに【作者は単身で一九三十四年八月三十一日、モンテビデオ丸でサントス着。同年九月三日、アリアンサに入植。今年その地を一歩も出られず […]
  • ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選2016年1月15日 ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎髭の美男長靴の美女シュラスコに 鳥雲に浮足立って出稼ぎに 混血の貰ひ子なつきクリスマス アマゾンの蘭元日の卓上に […]