ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月5日付け

 年末の休暇のため安倍内閣の発足を報道できなかったが、首相の安倍晋三氏は憲法改正や集団的自衛権を認めるなどの保守派であり、原発についても民主党とは異なり、安全性などを確認した上での新設にも意欲を燃やしている。兎に角—この安倍内閣はワンマン宰相の吉田茂氏に次ぎ2回目の政権であり、戦後の政界では極めて珍しい▼それに加えて元自民党総裁の麻生太郎氏と谷垣禎一氏を閣僚に起用するという破天荒極まる人事に永田町と熊さん、八っつあんもびっくり仰天したものである。盟友の麻生元首相を副総理兼財務、金融相にし、脱デフレと日銀との話し合いで金融政策の緩和に取り組む意向を強めたのも大きい。ぎくしゃくしだした日米関係の修復もだが、東南アジアの国々との外交にも力を入れる▼麻生副総理が3日にミャンマーを訪問しセイン大統領と会談し、500億円の円借款を供与するとし、5千億円に及ぶ延滞債権についても今月中に解消すると約束するなど華々しい外交を展開しているのは頼もしい。勿論、空母建造などの軍備増強に懸命な中国の脅威と北朝鮮のミサイル発射の危険性をも視野に入れ、インドとの緊密な結びつきも大切であり、これまでの東南アジア政策とはかなりニュアンスが異なってくると見たい▼行革担当の稲田朋美さんは保守派の論客であり舌鋒は鋭い。政治評論家の評判も高く、次期首相にと推薦する人々は多い。と、賑やかな閣僚が顔を揃えているし、普天間基地の移転や尖閣諸島の領有についても大きな進展をと安倍内閣に期待するところは大きい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 樹海拡大版=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別2020年7月14日 樹海拡大版=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別 革命か、反乱か  米国などで反黒人差別「ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives […]
  • 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化2020年7月10日 《記者コラム》都知事選に思うこと/実はブラジルより進んでいる?日本の右傾化  5日の東京都知事選の結果を見て、「もしかして日本はブラジルよりも右傾化しているのではないか」との思いを抱いた。  それは当選した現職の小池百合子知事に60%の支持があったから、というだけではない。3位に小野泰輔氏、5位に桜井誠氏が入っていたからだ。  小池氏も自民 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]