ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月5日付け

 年末の休暇のため安倍内閣の発足を報道できなかったが、首相の安倍晋三氏は憲法改正や集団的自衛権を認めるなどの保守派であり、原発についても民主党とは異なり、安全性などを確認した上での新設にも意欲を燃やしている。兎に角—この安倍内閣はワンマン宰相の吉田茂氏に次ぎ2回目の政権であり、戦後の政界では極めて珍しい▼それに加えて元自民党総裁の麻生太郎氏と谷垣禎一氏を閣僚に起用するという破天荒極まる人事に永田町と熊さん、八っつあんもびっくり仰天したものである。盟友の麻生元首相を副総理兼財務、金融相にし、脱デフレと日銀との話し合いで金融政策の緩和に取り組む意向を強めたのも大きい。ぎくしゃくしだした日米関係の修復もだが、東南アジアの国々との外交にも力を入れる▼麻生副総理が3日にミャンマーを訪問しセイン大統領と会談し、500億円の円借款を供与するとし、5千億円に及ぶ延滞債権についても今月中に解消すると約束するなど華々しい外交を展開しているのは頼もしい。勿論、空母建造などの軍備増強に懸命な中国の脅威と北朝鮮のミサイル発射の危険性をも視野に入れ、インドとの緊密な結びつきも大切であり、これまでの東南アジア政策とはかなりニュアンスが異なってくると見たい▼行革担当の稲田朋美さんは保守派の論客であり舌鋒は鋭い。政治評論家の評判も高く、次期首相にと推薦する人々は多い。と、賑やかな閣僚が顔を揃えているし、普天間基地の移転や尖閣諸島の領有についても大きな進展をと安倍内閣に期待するところは大きい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]
  • アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?2019年9月17日 アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?  世界的にも珍しい「ブラジル式民主主義」を象徴する慣習を無視――ボウソナロ大統領が5日、次期連邦検察庁特捜局(PGR)長官(日本式に言えば「検事総長」)に、3人リスト(lista […]
  • 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」2019年9月13日 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」  「激動の時代にこそ、芸術は生まれる」。そのようなことは昔から言われる。たしかに「為政者からの圧力が強かったがゆえに生まれた芸術」の例は古今東西、枚挙に暇が無いが、現在、公開中の映画で、伯国史上、初のカンヌ映画祭受賞作(審査員特別賞)となった「バクラウ」は、まさにそんな […]
  • 9・11と黄色い9月2019年9月12日 9・11と黄色い9月  11日朝、「米国の同時多発テロ事件から18年」との報道が続いた。時の流れの速さに驚くと共に、余りにも鮮明に記憶に残る事件の一つだと痛感する。飛行機が相次いでビルに突っ込み、爆発的な火災が発生。多くの死者は遺体さえ発見されていないし、近接ビルの屋上から多くの骨片回収との報道もあ […]