ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年1月8日付け

 サンパウロ総合大学の入試(Fuvest)は6日〜8日に二次試験が行われ、1万人余りの定員枠を目指して3万人近い学生が受験中だが、リオ州内陸部からの受験生レイナルド・マシャド君(17)は、受験会場のモジ・ダ・クルゼス大学を聖市校舎だと思わずにモジまで行ってしまい、聖市まで戻ったが間に合わず、受験の機会を逃してしまった。「僕には唯一の機会だったのに」と涙に暮れたレイナルド君の進路の幸運を祈る。
     ◎
 聖州では2011年に生まれた子供の母親の14・7%は10代だったことが判明した。1998年は20%だったので4分の1以上減ったことになる。この数字は米国並の水準で15%ほどのアルゼンチンやチリを下回るものとなった。これは聖州で10代の避妊が徹底され始めたことを意味するが、「大事なのは情報ではなく、少年少女たちがおそれずに避妊を実行できるかどうか」だと、ある医師はエスタード紙に語っている。
     ◎
 6日、聖州海岸部ベルチオガに観光で訪れていたチアゴ・コスタさん(31)とイネス・ペスタナ・クルスさん(29)が落雷に遭い、救急病院に運ばれたが死亡した。イネスさんはポルトガル出身で、2人は聖州イトゥペヴァで5年前に結婚していた。急な豪雨の多いこの季節、雷の際は建物や車から出ないことが薦められている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年7月11日 東西南北  地理統計院(IBGE)は10日、6月の広範囲消費者物価指数(IPCA・ブラジルの公式インフレ率)が0・01%だったと発表した。これにより、今年上半期の累積インフレ率は2・23%、直近12カ月の累積インフレ率は3・37%となった。0・01%は、6月の値としては、マイナス […]
  • 東西南北2017年7月14日 東西南北  12日のブラジルは、モロ判事の判決が出た直後から、ルーラ元大統領の話題一色となった。南米だと、アルゼンチンではビデラ氏、ペルーではフジモリ氏の前例があるが、ブラジルで元大統領が有罪判決を受けたのはこれが初めてだ。1930年にはワシントン・ルイス氏がジェツリオ・ヴァルガス氏によ […]
  • 東西南北2018年12月15日 東西南北  13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内 […]
  • 東西南北2016年11月2日 東西南北  今年の全国統一地方選挙で労働者党(PT)が記録的な惨敗を喫したことは今日も様々なメディアで取り上げられているが、10月30日に行われた決選投票時、ルーラ元大統領、ジウマ前大統領の2人は共に、居住地のある地域ではPTの候補が出ていなかったことを理由に投票に行かなかった。ルーラ氏 […]
  • 東西南北2017年4月7日 東西南北  6日付アゴラ紙によると、サンパウロ市役所が市内46の教育統合センター(CEU)での文化プログラム二つの資金を凍結している。これにより、4千人以上の子供たちと4千人以上の大人たちが、ダンスや演劇などのレッスンを受けられなくなっている。ドリア市政は財政切り詰めで43・5%の文化予 […]