ホーム | 日系社会ニュース | USP=新規にハングルコースを創設=教育面でも韓国に勢い=これから公教育に注力か

USP=新規にハングルコースを創設=教育面でも韓国に勢い=これから公教育に注力か

ニッケイ新聞 2013年1月9日付け

 韓国語、中国語がブラジルで勢いづく—。サンパウロ総合大学(USP)の哲学文学人文科学科(FFLCH)に、韓国語のコースが2013年から設置される。昨年6月末に行なわれた同大学の審議会で正式決定した。特に経済面で進出が著しい韓国だが、公教育機関、中でも当地の最高学府で韓国語を学べる環境が整い、同国政府は自国の言語普及にも投資を惜しまない姿勢のようだ。一方、日本はどうだろうか—。

 コースでは韓国語文法、文学、歴史などの授業が行なわれ、定員は15人。希望者が多ければ今後増やすことも視野に入れているという。
 学科創設に向け、近年中にあと2人の教員が派遣される予定だ。同大関係者によればUSP自体には経営的に教員枠を増やす余裕は全くない。つまり韓国政府の予算で派遣されてくるようだ。
 8月20日のUSPサイトのニュースによれば、韓国語コース創設プロジェクト担当のアントニオ・メネーゼス教授は、「コース創設はずっと前からの念願だった」と語り、同学科2年生のアマンダ・ブエノさんは日本語を選択したが、「もし前に韓国語があったら、そっちを選んでいた。日本はアジアへの扉のような存在だけど…」と韓国への関心の高さをうかがわせた。
 USPの韓国人客員教授ユン・ジュン・イムさんは、ブラジルにとっての同国の重要性を、国外で2番目に大きなコミュニティの存在、ヒュンダイやサムスンなど企業の巨額の投資、Kポップなど韓国文化の流行の3つを挙げて強調し、「あらゆる面で勉強するのに面白い国」と韓国をアピールしている。
 また、昨年8月にサンパウロ近代美術館で行われた韓国の陶磁器の展示会では、韓国外務省の外郭組織コリア・ファウンデーションのウーサン・キム理事長がUSPの学長と話し合いの場を持ち、同理事長が奨学金プログラムの創設について提案したという。
 勢いがあるのは韓国語だけではない。8月30日付G1サイトのニュースによると、聖州の州立学校で中国語クラスも開講されたという。
 同大日本語学科で教鞭を取る松原礼子さんは「生徒を取られたと嘆く教員もいるが、欧米言語に比べると東洋は存在感が薄い状態。これから手を取り合って、東洋言語への注目を高めていけるのでは」と前向きにみている。
 故鈴木梯一氏の働きで、USPに日本語学科ができたのは60年代のことだ。そこから約40年—。今、韓国も同じ位置に並んだことになる。
 当地の日本語教育の場合、公教育機関で学んでいるのは全学習者約2万人のうち4分の1の約5千人にとどまる。ただし、世界における日本語学習者が多い国の傾向としてはこの比率が逆の場合が多い。韓国語、中国語はそこに照準を絞ってきているようだ。
 ブラジル日本語センターの丹羽義和事務局長は「外交レベルの問題ではあるが、ブラジルの場合、移住者はもういないので、これからは公教育で日本語学習者の減少を補っていく時代だと思う」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ2018年8月17日 サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ  聖市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)は6日から、職員を対象に日本語講座を始めた。日系人・日本人の患者のために日本語を習得することが目的。テーマを「おもてなし」とし、日本式の応対法も指導する。  講座のテーマは「おもてなし」。日本語学習を通じて日本式の応対法を指 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付2018年1月27日 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付  和歌山県庁と世界の在外和歌山県人会が連携して、2019年2月から日系人子弟の県内企業への就職支援という珍しい取り組みを始める。県人会子弟のキャリアアップ、県内企業の優秀な人材確保などが目的。対象者は業務に関する科目を専攻した大卒者、就職までに大学卒業見込みの県人会子弟 […]
  • 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」2018年7月26日 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」  首都のブラジリア日本語モデル校の講堂で6月30日午前、「ブラジル日本移民110周年記念作文コンクール授賞式」が行なわれた。式典には、受賞者5人を含め約170人が参加した。  ブラジリア日本語普及協会(AELJB、三分一貴美子理事長)の主催で行われた同コンクールにブラ […]