ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年1月17日付け

 日本の名映画監督、大島渚死去のニュースは伯字紙でも大きく報じられた。フォーリャ紙は代表作「愛のコリーダ」の写真と共に文化欄の一面全部を使って報道し、大島の研究本を発表したことのあるブラジル人映画批評家の追悼記事を掲載した。エスタード紙は「サンパウロ市は日系映画館があったため、欧州で有名になる70年代より前の60年代からブラジルでは知られた存在だった」と記している。
     ◎
 サンパウロ州内陸部のサンカルロスで14日、マニキュア師のナヤラ・クリスチーナ・パトラソンさん(24)が心停止のために亡くなった。ナヤラさんは7日にデスカルヴァド市の整形外科で脂肪吸引の手術中に心機能が停止、サンカルロスの病院で7日間昏睡状態にあった。ナヤラさんが大きな病気にかかったことは過去になかったという。ナヤラさんは4歳と生後8カ月の子供の母親で、2人目の子供の出産後、体型のことで悩み、手術に踏みきったという。
     ◎
 昨年、前代未聞のエスコーラ関係者のステージ乱入による結果発表妨害が起きたサンパウロ市では、今年のカーニバルから、アニェンビのサンバドローモでの結果発表のステージは鉄でガードされたものとなり、関係者の出席もエスコーラにつき10人とし、事前に登録させるという。昨年の発表は、乱入者に投票用紙を破られ、山車に火がつけられる騒ぎとなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月3日 東西南北  サンパウロ市のカーニバルは期間中ずっと曇り空や雨が続き、例年になく寒い天気が続いていたが、2月29日~3月1日の土日に、公式カレンダー最後となるイベントが行われた。結局、最後の最後まで天気が回復することはなく、肌寒い中でのブロッコ行進だったが、人出には影響がなく、大勢の人数で […]
  • 東西南北2020年2月22日 東西南北  昨晩からサンパウロ市アニェンビで、カーニバルのデスフィーレ(パレード)がはじまっているが、20日から引き続いて天候はぐずついたまま。先週の月曜日(10日)に記録的な大雨を記録したばかりだというのに、20日にはまた、サンパウロ大都市圏の多くで洪水や土砂崩れを伴う雨が降り、CPT […]
  • 東西南北2020年2月27日 東西南北  ブラジル国民が恐れ続けていたコロナウイルスの患者発生が26日に公表された。しかも、サンパウロ市在住者ということで、同市市民にとって大きな心配の種もできた。カーニバルのパレード前に発表されていたら、もっと大きなパニックが起きていたと思われるが、それは避けられた。患者がアニェンビ […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2020年2月20日 東西南北  19日付現地紙によると、サンパウロ市内では、ピーク時(5時~8時59分、16時~19時59分)におけるバスの平均時速が、わずか16キロだったという。また、2009年以降の平均時速の最高は、午前、午後とも、17キロだったという。昨年のサンパウロ市の市民ミニ・マラソン「サンシルヴ […]