ホーム | 日系社会ニュース | 『しんかい』がブラジルに!=日伯共同で潜水艦調査=新発見にも大きな期待=「ブラジル海域は処女地」

『しんかい』がブラジルに!=日伯共同で潜水艦調査=新発見にも大きな期待=「ブラジル海域は処女地」

ニッケイ新聞 2013年1月30日付け

 日本の独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の北里洋理学博士など関係者ら5人が22日に来社し、4月から約2カ月間の日程でサンパウロ州立総合大学(USP)海洋研究所とブラジル地質研究所(CPRM)との共同で、日本が誇る「しんかい6500」によるブラジル沖深海調査を行うことを報告した。世界2番目の潜行能力を持つ日本唯一の大深度有人潜水調査船だ。北里博士は「この海域はほぼ調査が行われていない処女地」と新たな発見に期待を寄せている。

 今回来伯したのは、北里博士、藤倉克則深海生態系研究チームリーダー、研究支援部の中山敦志調査役、事業推進部の舩窪舞、磯野哲郎さんの5人。両国政府間が結ぶ日伯科学技術協力協定に基づき約3年前から打ち合わせを進めてきた。
 「しんかい6500」による世界一周研究航海『QUELLE2013』の一環として実施されるもので、ブラジル近海の調査は4月上旬から5月下旬までの約2カ月間の日程で行われる。
 調査地点としては、海底からの高さが5千mを超える巨大な海山を持つリオ・グランデ海膨、メタンや硫化水素などの本来有害な物質をエネルギーとする生物の生息が見込まれるサンパウロ海領とサンパウロ海台の3カ所。深海の生態や地質の調査が行われる。
 調査後、5月26日にサントス港に入港し、同29日の午前にはサンパウロ州立総合大学建築学科の校舎にて同開発機構とUSPの研究者による講演、午後からは日本人学校で調査の概要などに関する説明が行われる。
 藤倉氏によれば「ブラジル近海は南北両側から大きな海流がぶつかる海域であり、海底でガスが噴出しているようなところもある。見たこともない生物がいるかも。非常に楽しみです」と期待を寄せる。
 北里博士も「近年石油の発掘などで注目を集めている海域だが、まだまだ学術的な面での調査は行われておらず、まさに処女地と言える。どこに潜っても全てが新しい」と興奮した面持ちで話した。一行はブラジル側との打ち合わせのため20日に来伯、23日に帰国した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(3)=移民船が感染ルートに?2020年7月4日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(3)=移民船が感染ルートに?  1918年にブラジルにスペイン風邪を持ち込んだのは、英国を出航した客船デメララ(Demerara)の乗客だった。現在ではウイルス患者の主要な移動手段は飛行機になっているが、今も客船経由の感染は健在だ。  新型コロナウイルスでは、集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモン […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費2020年6月26日 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)の足立操事務局長が70歳になったために、4月13日をもって定年退職した。それに伴って前園マルセリーノ武弘事務局次長(58、二世、ブラガンサパウリスタ出身)が「事務局長代理」に昇格した。  コロナ禍の影響で足立元事務局長は、3月か […]