ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年1月31日付け

 ルーラ前大統領は29日、キューバを訪れた。表向きの理由は〃キューバ建国の父〃と呼ばれるホセ・マルティの生誕160周年式典に参加するためだが、同国ハバナに癌治療で入院中のベネズエラのチャベス大統領と面会するのでは、と目されている。任務代行中のマドゥーロ副大統領は「大統領は回復してきており、想像を上回る早さで公務復帰する」との声明を出しているが…。
     ◎
 聖州カンピーナスのヴェラ・クルス病院で28日、MRI(核磁気共鳴画像法)で脳の検査を受けた3人が検査後に死亡するという事故が起きた。3人とも40歳以下で健康だった。検査に使われた機械や造影剤、担当医はいずれも違い、1人は16時30分頃、あとの2人は18時40分頃検査を受けた。当日は他に83人が検査を受けたが異常はなかったというが、同病院は同日夜、原因解明までMRIとコンピュータ断層撮影検査禁止を命じられた。
     ◎
 27日のサンタマリアの大火災を受け、聖市のナイトクラブも取締りが強化されるが、エスタード紙が聖市で著名なナイトクラブ29軒を無作為に選んで調べた結果、正式な営業許可ありは12軒のみ。9軒は許可がなく、8軒は住所登録さえなかった。あるクラブ経営者は「3年前に申請したが、未だに返事が返ってこない」と市の作業の緩慢さを批判している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年7月14日 東西南北  12日のブラジルは、モロ判事の判決が出た直後から、ルーラ元大統領の話題一色となった。南米だと、アルゼンチンではビデラ氏、ペルーではフジモリ氏の前例があるが、ブラジルで元大統領が有罪判決を受けたのはこれが初めてだ。1930年にはワシントン・ルイス氏がジェツリオ・ヴァルガス氏によ […]
  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]
  • 東西南北2017年4月13日 東西南北  11日、本頁でも報じているように、ラヴァ・ジャット作戦で空前絶後とも言うべき数の政治家の捜査許可が報道されたことで、ブラジルのメディアはそれ一色となり、様々な政治家とオデブレヒト社との間で繰り広げられた数々の疑惑のニュースに国民が衝撃を受けた。最高裁だけで98人、高等裁や地裁 […]
  • 東西南北2016年3月16日 東西南北  ここに来て現実味を増して話題を呼んでいる、ルーラ前大統領の閣僚入りの噂。その目的が、「国のため」ではなく「逮捕を避けるため」というのは、国民の心情を考慮したとは到底思えない行為だ。とりわけ13日に、伯国史上に残る最大規模の反政府デモを受けた直後であることを考えれば、実現の暁に […]
  • 東西南北2016年3月5日 東西南北  4日に起きたラヴァ・ジャット作戦でのルーラ前大統領の強制連行と取調べは伯国を大きく揺るがし、世界的にも報道された。近隣のアルゼンチンやウルグアイ、ベネズエラなどでサイトのトップ扱いで報道されたのをはじめ、ラ米以外の国でも、ニューヨーク・タイムスが国際面トップで報道するなど、多 […]