ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月31日付け

 従姉の夫のアメリカ人が出張でサンパウロに来るというので会うことになり、お互いの都合で朝食を共にした。ビジネスマンだけに「パワーブレックファースト」という言葉も浮かんだが、これは当方の都合で会話はのんきな話題に終始した▼初来伯の印象はすこぶる良く、「特に肉が美味しい」と大絶賛。約1週間の滞在中、肉ばかり食べ、そのなかでもメルカドンのモルタンデーラサンドイッチを「最高だった。何度でも食べたい」と陶然とした表情。人種の違いを感じると同時に、日本人の従姉に「もう少し肉料理を作ってやれ」とメールを打とうかと思っている▼30代後半のコラム子でさえ、肉よりも魚、野菜の方が良くなっているし、加齢と共に肉の量は減っていくのだろう。日本では、肉はあまり食べないほうがいいとされるが、昨今、高齢者の肉食が勧められているとか。結核に罹る高齢者が急増、特にかそけきもので済ます独居老人に多いからだという▼雑誌『サライ』に「定番 朝飯自慢」がある。元気に活躍する高齢者の健康の秘訣を紹介するコーナーなのだが、結構な割合で肉、ソーセージが登場する。肉食が禁じられていた江戸時代、獣肉を食べることを「薬喰い」と称していたことを連想させる▼日本の日本人より、コロニアの日本人の方が栄養価の高いものを食べているはず—と援協に問い合わせてみると、「検査などで結核が判明した話は聞いたことがない」とか。ブラジルでは年間4万人の罹患者がいるというし、ごく近い人も結核の亜種に罹ったのでなんともいえないが、不治の病といわれたかつての食事情にも思いを馳せたいところ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ2019年10月8日 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ  来社対応を終えて、なにげなく編集部入口の古本売り場をみたら、見覚えのある特徴的なヒゲを持つ男性の後姿がみえた。「珍しい人が来られましたね」と声をかけたら、やっぱりモジ市コクエラ在住の陶芸家・中谷哲昇さん(あきのり、76、大阪府大阪市出身)だった。  中谷さんは「本を […]
  • ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?2019年10月4日 ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?  「全くもって、意味も狙いもわからない」。コラム子がそう言わずにいられないのが、元検察庁長官(2013~17年)のロドリゴ・ジャノー氏の自叙伝「ナーダ・メーノス・ケ・トゥード」だ▼9月下旬発売と言われつつ、まだ書店では見ないが、少なくともPDF版がマスコミには一斉に流れ […]
  • 部族の言葉や方言を大切にしよう2019年10月3日 部族の言葉や方言を大切にしよう  「何やってりゃーす」「とろっくさー事、言っとってかん」「怖ぎゃー事言やーすな」―。小5で転校した時、級友がそう話していたが、何もわからなかった。漢字交じりにすれば少しはわかり易いが、これを見てわかる人は名古屋弁に馴染みがある人だ▼各々、「何してるの」「バカな事言ってちゃダメ」 […]
  • 最高裁よ、お前もか!2019年10月1日 最高裁よ、お前もか! 新政権で後退し続ける汚職没滅の動き  最高裁が25、26日に行った審議により、今までに下されたラヴァ・ジャット作戦で摘発された有力者への有罪判決が30件以上も無効化されそうだ。「裁判所よ、おまえもか!」と言いたくなるような動きだ。  本紙28日付2面《最高裁=「LJ […]