ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月31日付け

 従姉の夫のアメリカ人が出張でサンパウロに来るというので会うことになり、お互いの都合で朝食を共にした。ビジネスマンだけに「パワーブレックファースト」という言葉も浮かんだが、これは当方の都合で会話はのんきな話題に終始した▼初来伯の印象はすこぶる良く、「特に肉が美味しい」と大絶賛。約1週間の滞在中、肉ばかり食べ、そのなかでもメルカドンのモルタンデーラサンドイッチを「最高だった。何度でも食べたい」と陶然とした表情。人種の違いを感じると同時に、日本人の従姉に「もう少し肉料理を作ってやれ」とメールを打とうかと思っている▼30代後半のコラム子でさえ、肉よりも魚、野菜の方が良くなっているし、加齢と共に肉の量は減っていくのだろう。日本では、肉はあまり食べないほうがいいとされるが、昨今、高齢者の肉食が勧められているとか。結核に罹る高齢者が急増、特にかそけきもので済ます独居老人に多いからだという▼雑誌『サライ』に「定番 朝飯自慢」がある。元気に活躍する高齢者の健康の秘訣を紹介するコーナーなのだが、結構な割合で肉、ソーセージが登場する。肉食が禁じられていた江戸時代、獣肉を食べることを「薬喰い」と称していたことを連想させる▼日本の日本人より、コロニアの日本人の方が栄養価の高いものを食べているはず—と援協に問い合わせてみると、「検査などで結核が判明した話は聞いたことがない」とか。ブラジルでは年間4万人の罹患者がいるというし、ごく近い人も結核の亜種に罹ったのでなんともいえないが、不治の病といわれたかつての食事情にも思いを馳せたいところ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 何気ない日常の尊さ2020年6月25日 何気ない日常の尊さ  ブラジル初の新型コロナ感染者確認から早4カ月。ブラジルでは24日朝の時点で5万2788人、世界中では47万4609人という、大きな犠牲者が出ている。  外出自粛などで感染拡大が終息した国、拡大中の国、感染再燃中の国など、実情は各国各様だ。だが、どの国でも共通する事の […]