ホーム | 日系社会ニュース | 日本会議が支部と交流=千葉からの一行が来伯

日本会議が支部と交流=千葉からの一行が来伯

ニッケイ新聞 2013年2月2日付け

 日本会議千葉から訪問団7人が来伯するにあたり、ブラジル日本会議(小森広理事長)と千葉県人会(原島義弘会長)が『歓迎会』を7日午後7時から、宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で開く。参加費60レアル。
 日本会議の支部が来伯しての交流は初。千葉支部の副会長で、元衆議院議員の江口一雄氏が団長、稲毛浅間神社宮司の三山孝夫氏が副団長。司法書士、会社員らが参加する。
 6〜10日に滞在し、アルジャ市の巌戸神社、南米神宮、千葉の小櫃小・中学校と交流のある松柏・大志万学院、東山農場、日本移民史料館、イビラプエラの開拓先没者慰霊碑を訪れるほか、リオのカーニバルやイグアス観光も行う。
 案内のため来社した小森理事長は広く参加を呼びかけている。
 問い合わせは小森理事長(11・3271・6304)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ