ホーム | 日系社会ニュース | 熊本在住 フリーアナウンサーの風戸さん=「W杯でまた来たい!」

熊本在住 フリーアナウンサーの風戸さん=「W杯でまた来たい!」

ニッケイ新聞 2013年2月19日

 「ブラジルが大好きになった!」—。今月1日から2週間プライベートで当地を訪れた、熊本県在住のフリーアナウンサー、風戸直子さん(42、千葉)。
 熊本市がホームのサッカーJリーグチーム「ロアッソ熊本」の専属リポーターを務めている関係でサッカーに造詣が深く、「来年のW杯に向けたブラジルの盛り上がりを見たかった」と来伯の理由を話す。
 知人を頼ってマセイオー、オリンダ、サンパウロ市などを訪問。「日本と比べ盛り上がりはあんまり」との印象ながらも、マセイオーのカーニバルに参加したり、サンパウロ市の日系社会の大きさに驚いたりと、新たな発見の連続で大満足したようだ。
 ロアッソ熊本はブラジル人選手が4人おり、地元でもブラジルへの認知度を高めるためのイベントが企画されているとか。「ポルトガル語も勉強して、W杯はできれば仕事で来たい。無理でもプライベートで」と満面の笑みを見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年3月6日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月6日  サンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレードの結果が4日に発表され、モシダーデ・アレグレが3年連続の優勝を飾った。同エスコーラの優勝はこれで10度目で、1971~73年に続き、2度目の3連覇を果たした。2位も3年連続でローザス・デ […]
  • [シリーズ] 本当に大丈夫? サッカーW杯=試合都市の交通インフラ改良の完成度はわずか25%=(3) レシフェ編2014年2月5日 [シリーズ] 本当に大丈夫? サッカーW杯=試合都市の交通インフラ改良の完成度はわずか25%=(3) レシフェ編 ニッケイ新聞 2014年2月5日 日本代表も試合をする北東部ペルナンブコ州レシフェ。ここでは通路やターミナル建設など5件のインフラ工事が進められているが、全ての案件で、平均1年の遅れが発生している。 開幕まで半年だった昨年12月時点で、州政府は5月15日までに完成させると明言 […]
  • 2014年1月1日 サッカーW杯特別企画=こんなにあるぞ! 日本人向け宿=日本語通じる宿泊施設紹介 新年号  いよいよ新年6月にW杯が開催され、2年後にはリオ五輪も控えている。ブラジルの表玄関とも言えるサンパウロ州には、多くの日本人旅行者が訪れることは間違いない。サンパウロ市の県人会には、すでに宿泊地や受け入れ先の問い合わせが続々とあるという。そんな日本人観光客の心強い […]
  • コラム 樹海2013年12月18日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年12月18日  来年は3月がカーニバル、6月がW杯、10月が大統領選挙——と大イベントが集中しており、息つく間もなく、アッという間に一年が過ぎさるだろう▼カーニバルでは地元開催W杯への期待を、お祭り気分で盛り上げるに違いない。W杯でセレソンが勝てば、今ま […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]