ホーム | 日系社会ニュース | 熊本在住 フリーアナウンサーの風戸さん=「W杯でまた来たい!」

熊本在住 フリーアナウンサーの風戸さん=「W杯でまた来たい!」

ニッケイ新聞 2013年2月19日

 「ブラジルが大好きになった!」—。今月1日から2週間プライベートで当地を訪れた、熊本県在住のフリーアナウンサー、風戸直子さん(42、千葉)。
 熊本市がホームのサッカーJリーグチーム「ロアッソ熊本」の専属リポーターを務めている関係でサッカーに造詣が深く、「来年のW杯に向けたブラジルの盛り上がりを見たかった」と来伯の理由を話す。
 知人を頼ってマセイオー、オリンダ、サンパウロ市などを訪問。「日本と比べ盛り上がりはあんまり」との印象ながらも、マセイオーのカーニバルに参加したり、サンパウロ市の日系社会の大きさに驚いたりと、新たな発見の連続で大満足したようだ。
 ロアッソ熊本はブラジル人選手が4人おり、地元でもブラジルへの認知度を高めるためのイベントが企画されているとか。「ポルトガル語も勉強して、W杯はできれば仕事で来たい。無理でもプライベートで」と満面の笑みを見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アギア・デ・オウロの主要ダンサーに囲まれるジーコ氏(中央)2015年2月6日 ジーコがアギアの大使就任=サンパウロ市カーニバルに初参加=長年の日伯友好の実績買われ=「招待され非常に光栄」  元サッカーブラジル代表として3度のW杯に出場、後に日本のJリーグでもプレーし、日本代表監督も務めたジーコ氏が3日の午後3時、サンパウロ市のサンバチーム「アギア・デ・オウロ」(以下アギア)を訪れ、「大使」役就任とパレード最後尾の山車(カーホ・アレゴリコ)に乗ってパレードに参 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 本を手にする岡山裕子さん2014年6月24日 出版=フリーアナウンサー 岡山裕子さん=主婦目線でブラジルを紹介  サンパウロ市在住のフリーアナウンサー岡山裕子さん(34、茨城)が、このほど当地の日常を主婦目線で綴った『ブラジル、住んでみたらこんなとこでした! ようこそ! おいしい食と可愛い雑貨の国へ』(清流出版、150頁、1500円)を上梓した。 サッカー、カーニバルにとどまらない奥 […]
  • アギアのパレードに登場したジーコ氏2015年2月21日 外交120周年=親善大使にジーコ&マルシア=日本で記念ミュージカルも  日伯両国が外交関係樹立120周年を迎えるにあたり、サッカー元日本代表監督のジーコ氏(61)と日本で活躍するタレントのマルシアさん(46、三世)が親善大使に任命された。委嘱期間は今月12日から12月31日まで。  ジーコ氏は1991年、住友金属工業蹴球 […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]