ホーム | 日系社会ニュース | デカセギ帰伯子弟ら対象に=昭栄奨学金説明会、23日

デカセギ帰伯子弟ら対象に=昭栄奨学金説明会、23日

ニッケイ新聞 2013年2月19日

 【既報関連】帰伯した若いデカセギ経験者やその子弟を対象とした、CIATE(国外就労者情報援護センター)と宮坂国人財団が実施する奨学金給付プログラムの説明会が23日午後2時から、文協ビル内のCIATE事務所(Rua Sao Joaquim, 381)である。
 同プログラムは70年代、当地でシルクの製品製造と紡績の分野で事業を展開していた昭栄株式会社が、撤退のさいブラジルに残した資金を日系社会に役立ててほしいとCIATEに依頼し、創設に至ったもの。
 給付の対象となるのは、大学の学部課程に所属する5人程度の学生。国内に所在する大学であれば大学は公立、私立を問わず、専攻も問わない。18〜30歳までのデカセギ経験者またはデカセギ子弟、家庭の収入が少ない、他の奨学金を受給していないことなどが条件。
 選考はCIATEの学術評議員が行ない、書類選考の後に面接がある。奨学生となる人には毎月最低給料1カ月分が支給され、それが学部課程を修了するまで続く。
 説明会で願書が配布される。応募期間は2月23日〜3月8日(受付時間午前9時〜午後5時半)で、CIATEにて受け付ける。問い合わせはCIATE(電話=11・3207・9014、メール=contato@ciate.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 昭栄奨学金の募集開始=返済無用で最賃を卒業まで=応募締め切りは3月8日2013年2月27日 昭栄奨学金の募集開始=返済無用で最賃を卒業まで=応募締め切りは3月8日 ニッケイ新聞 2013年2月27日 […]
  • 日伯の研究者が人文研に=後進研究員を養成する事業で2016年12月2日 日伯の研究者が人文研に=後進研究員を養成する事業で  サンパウロ人文科学研究所は移民研究者不足の解消や後進育成を目的に、柴田寛之さん(36、埼玉県)=米ニューヨーク市立大学=とアルフレッド・ジョルジ・ヘッセ・ガルシア・ネットさん(28、パラー州)=サンパウロ州立総合大学(USP)=という日伯の大学院生を1年間、「専任研究員」 […]
  • 報告を行なった奨学金の2期生4人と二宮理事長(右端)2014年10月17日 昭栄奨学金2期生が報告=学生に二宮理事長がエール  9月21日の国外就労者情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)主催の『CIATEコラボラドーレス会議』では、昭栄奨学金の2期生4人の現状報告が行なわれた。同制度は、帰伯した若いデカセギ経験者やその子弟を対象に、CIATEと宮坂国人財団が実施する奨学金給付プログラムだ […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「聖市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っていた農 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]