ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年2月20日

 高橋ジョーさんの著書がノミネートされた「グルマン世界料理本大賞」には、世界171カ国が参加した。和食部門の最終選考に残った5冊だけを見ても伯、仏、日本、チェコ、スペインと言語はバラバラ、審査は至難の業だろう。「審査員は5カ国語くらい使いこなすと聞いたことがあるけど・・・。まあページ数なら一番かも」と高橋代表。今週末の健闘を祈りたい。
     ◎
 夕方にかけ大雨が続く毎日。18日は午後4時頃から停電し、編集作業が不可能に。待てども待てども復旧せず、やむなく近所にある知人の事務所にパソコン6台を持ち込み、超特急で紙面づくり。何とか読者のみなさんに新聞を届けることができて良かったものの、1時間程度の雨で停電してしまう貧弱なインフラにはげんなり。最大都市サンパウロですらこの調子では、今後の大イベントが思いやられそう…。
     ◎
 広島文化センターで毎月実施されている高齢者向けデイサービス『もみじの会』。今年は、来月28日が最初となる。「歌、体操にゲーム、健康的な食事も楽しめる充実した一日」と好評だ。参加は自由。詳しくは同センター(11・3207・5476)でお問い合わせを。なお、ボランティアも常時募集している。連絡先はコーディネーターの橘さん(98502・0085)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ