ホーム | 文芸 | 連載小説 | 移り住みし者たち=麻野 涼 | 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第19回

連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第19回

ニッケイ新聞 2013年2月22日

 児玉の手がテレーザの胸をまさぐる。弾力のあるバストだ。潤いのある肌は濡れた絹に触れるような感触だった。その感触を楽しむかのように児玉はテレーザの全身を掌で愛撫した。ウェストからヒップは肉感的な豊かな半円を描いている。
 モレーナの肌の色は明らかに黒人のそれとは異なっていた。児玉はテレーザの肌の色を確かめながら、首から胸の隆起へ、そして下腹部へと唇を這わせた。
 テレーザは待ち切れないのか、児玉の手を敏感な部分に導いた。同時にいきり立った児玉の男性自身にもやさしく触れた。テレーザの呼吸が次第に荒くなっていく。
 ベッドから身を起こすと彼女が児玉に体を重ねた。テレーザも唇を児玉の全身に這わせ、全身の欲望を覚醒させるかのように、執拗な愛撫を繰り返した。
 児玉はたまらずテレーザの中に突き上げるようにして入った。テレーザは眉間に少し、皺を寄せて、一つだけ深く息を吸い込んだ。テレーザは仰向けになっている児玉の上で、腰をくねらせた。
 児玉は体を起こして、テレーザの黒い乳房を吸い両手を彼女の腰に回した。児玉の両手の動きに合わせるように、彼女は激しく腰を上下させた。テレーザの両腕が児玉の首に絡みついた。
「キェ・ボン(いいわ)」
 テレーザが喘ぎながら言った。児玉とテレーザの欲望の波は一つに重なり、大きくうねった。
「ゴソトーゾ」
 テレーザは何度もこう言って、児玉を押し倒すようにして絶頂を迎えた。児玉もそんなテレーザを強く抱き締めながら果てた。
 二人はしばらく抱き合ったままだった。部屋には相変わらずポルノビデオが流れていた。わざとらしい戯れ声に児玉はようやく我に返ったが、テレーザを抱き続けた。ブラジルに来て初めて抱いた女性だという感慨がそうさせたのかもしれない。
 テレーザとのセックスには羞恥心のかけらもなかった。しかし朴美子との間にはなかった、包み込まれるような温かさが、テレーザとのセックスにはあった。
 テレーザは足元に押しやられていたシーツを掛け直すと、児玉に甘えるようにして聞いた。
「コダマ、オイシイ?」
 児玉には彼女の質問の意味がわからなかった。
「ターバ・ゴストーゾ?(よかった)」テレーザは何度も繰り返して聞いた。
 「ゴストーゾ」には二つの意味があることが、児玉にもようやく飲み込めた。「食事が美味しい」という意味と同時にセックスの快楽も「ゴストーゾ」なのだ。ラテンアメリカの気質というべきなのか、ブラジル人にとっと美味な食事も、快楽に満ちたセックスも「ゴストーゾ」で表現される。
「クラーロ、オッチモ(もちろん、最高だったよ)」
 児玉は覚えたばかりの単語を並べた。テレーザは子供のような無邪気な笑みを浮かべてキスをした。その晩、二人は抱き合いながら眠った。
 翌朝、児玉はシャワーの音で目を覚ました。夜はまだ明けてはいなかった。カーテンの向こうにはわずかに青い闇が残っていた。バスルームから出てきたテレーザはきれいに身支度をし、薄化粧をしていた。
「ジャ、ヴォウ(もう行くわ)」
 ベッドに腰を下ろすと、事務的な声で言った。快楽に貪欲だった昨夜のテレーザとは全く別人だ。
「ポルケェ?(なぜ)」
「メウ・フィーリョ・タ・アコルダ(子供が起きる)」
 「フィーリョ」という言葉から児玉にもおよその意味がわかった
「テン・フィーリョ?(子供がいるの)」
「テン。ミ・アジューダ(いるよ。だから助けて)」おどけた顔をしてテレーザが言った。
 児玉はズボンのポケットから財布を取り出した。ブラジル通貨のクルゼイロ紙幣は小銭しかなかった。昨晩の飲み代とホテル代に消えていた。児玉は仕方なく彼女に百ドル紙幣一枚を手渡した。
 一瞬、困惑した表情を浮かべ、言った。


著者への意見、感想はこちら(takamada@mbd.nifty.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第23回2013年2月28日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第23回 ニッケイ新聞 2013年2月28日  彼女は百クルゼイロ札を二枚だけ取り出して、残りは封筒のままブラジャーの中に挟み込んだ。 「ちょっと待ってて」  テレーザはフロアで踊っている女性の一人を、大声で呼んだ。 「ソニア、ここへ来て」 […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第124回2013年7月31日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第124回 ニッケイ新聞 2013年7月26日  飲む機会が減ったのは、体調を崩したことも理由の一つだが、パウリスタ新聞の給料がまともに支払われなくなったことも影響している。もともと給料は薄給の上に、さらに遅配が重なったのだ。会計は二階にあるが、夕方になると螺旋階段に列ができた。印刷部、写 […]
  • 東西南北2013年2月26日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月26日 […]
  • 日本語可、安価なプランも=保険会社JAPOLが創業2016年1月12日 日本語可、安価なプランも=保険会社JAPOLが創業  「万一に備えたいが、保険には高くて入れない」―。そんな悩み解決する企業が誕生した。昨年5月、日系実業家の松原ゆかさん、ポーランド系の伯人弁護士ロドリゴ・バルボーザさんらが立ち上げた、保険取扱企業『JAPOL(ジャポー)』だ。 ブラジル東京海上や南米安田保険とタッグを組み、日系 […]
  • 愛するコリンチャンスの優勝を見届けに=リオ・デ・ジャネイロ珍道中2015年12月7日 愛するコリンチャンスの優勝を見届けに=リオ・デ・ジャネイロ珍道中  「サンパウロFCのゴール!」「まただ! サンパウロFCのゴール!」――。11月19日夜、ヴァスコ・ダ・ガマ(ヴァスコ)対コリンチャンスの行われたリオのサンジャヌアリオ競技場の記者席では、他会場で2位アトレチコがサンパウロFC相手に敗色濃厚な様子を知らせる叫び声が響いていた。 […]