ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年2月28日

 体調不良などの理由で12年3月に23年つとめたブラジルサッカー連盟の会長を辞任したリカルド・テイシェイラ氏は、27日付フォーリャ紙によると米国マイアミの海沿いの大豪邸で悠悠自適の隠居生活をしているとか。世界的な有名歌手やハリウッド俳優も家を持つ地域の豪邸は1780平米で、値段は1500万レアルとも。会長時代の数々の汚職汚職疑惑ゆえ、金のことが気になるが。
     ◎
 26日付本頁でも報じた昨年のサンパウロ市市長選候補のガブリエル・シャリッタ下議のサンパウロ州教育局長時代(2002〜06年)の汚職疑惑で、告発者の元秘書は伯字紙へのインタビューに続き、検察局に、2005年に所属していた会社の上司とやり取りしたシャリッタ氏への贈賄に関するEメールの資料を提出した。これらの疑惑噴出により、シャリッタ氏は、噂されていた連邦内閣入りが破談になりそうだ。同氏はEメールについての発言を避けている。
     ◎
 リオのニテロイ大司教区のエミルソン・ソアレス・コレア神父(56)が、15歳の少女と教会の中で性交渉する様子を撮影したビデオが、現在19歳になったその少女本人によって警察に届けられた。少女は神父を幼児虐待で訴えているが、少女の証言によると、10歳になる自身の妹は7歳の頃から性的虐待を受けていたという。神父は容疑を否定しているが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選2016年9月30日 ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 冬耕や錆びてキコキコ云ふ耕車 背広着し案山子の哀れ見て通る 故国訪い逢えざりし友の賀状来る 河へだて牛啼き交わす夕立晴 色褪せし旱の蝶のとぶばかり […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月20日  「五輪はリセット(やり直し)する良い機会」。竹中平蔵元蔵相の先週の講演で、そんな言葉に考えさせられた。竹中氏は2020年の東京五輪に向けて羽田空港にもっと国際線を乗入れるなどの国内改革や規制緩和をする理由にできるとの意味で、前掲の言葉を出 […]