ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年3月2日

 聖州カンピーナスのマードレ・テオドーラ産婦人科医院が2012年1月〜7月に同院で産まれた1千人以上の乳児を対象に調査を行ったところ、107人が結核菌に感染していることが判明、うち17人は既に結核の症状が出ているという。同院では同年8月に3人の乳児に結核が見つかり、女性看護師1人の肺に結核があることを発見していた。「過去の病」との油断は大敵だ。
     ◎
 精神医学を扱ったノンフィクションでミリオンセラー作家となり、テレビなどでもおなじみの精神科医アナ・ベアトリス・バルボーザ・シウヴァ氏が、精神科医2人から著物盗作で訴えられている。同氏のヒット作「メンテス・アンシオーザス」では、訴えた精神科医の1人が書いた著書と類似の表現が多用されており、別の書物にも、もう1人の原告が書いたものと一字一句たがわない文章があるという。該当書物は販売差し止めの判決を受けたが、本人は偶然を主張している。
     ◎
 コリンチャンスのリベルタドーレス杯の試合での相手チームのサポーター死亡事件も記憶に新しい中、リオでは1日、ヴァスコ・ダ・ガマのサポーター6人がフラメンゴのサポーターを殺害した容疑で逮捕された。これは、昨年4月29日のリオ州選手権の試合後に起こった殺人事件に関するもの。コンフェデ杯、W杯の前に心配の種が。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 東西南北2018年7月24日 東西南北  サンパウロ市地下鉄の発表によると、毎年発表している1月1日から6月11日までの期間における、同地下鉄における重大な故障の発生状況が、2000年の統計開始以来、過去最悪になっていたことがわかった。今年発生した故障は44件で、計61時間にわたり、乗客が迷惑を被ったことになったとい […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]
  • 東西南北2016年10月8日 東西南北  ジョアン・ドリア氏の当選により、「サンパウロ市は来年以降どうなるのか」の議論が早くもはじまった。7日付アゴラ紙は「ドリア市長就任でなくなりそうな自転車道はどこか」との予想記事を掲載。東部ジャルジン・エレナのアリヴェイラ・フレイレ大通りや、セントロのミニョコン真下の自転車道がな […]