ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年3月14日

 12日夜、パラー州ベレン発の小型飛行機が同州アルメイリンで墜落し、同機に乗っていた10人が死亡する事故が起きた。エンブラエル821カラジャー型双発機は同市郊外にあるモンテ・ドウラード空港に向けて飛行していたが、午後10時頃、同機から「空港に着けないので助けてほしい」と連絡を受けていた。同機が発見されたのは翌13日の朝だった。
     ◎
 カルドーゾ元大統領は12日、聖市でのサンパウロ総合大学経営学部での講義のあと、「同性愛差別者」「人種差別者」との批判噴出のマルコ・フェエリシアーノ下議が下院の人権委員会の委員長に選ばれたことに対し「全ての良識ある伯人と同じように、私もばかげたことだと思う」と語った。フェリシアーノ氏は13日、委員長になって初の人権委員会に出席したが、抗議団体の反対運動を考慮してか、同性愛問題に関して触れるのを避けた。
     ◎
 グローボ局の夜9時のノヴェーラ「サウヴェ・ジョルジ」の視聴率が振るわない。放送開始から120話を経過した時点での平均視聴率は31・8ポイントで、これは前作「アヴェニーダ・ブラジル」の同時点でのそれより18%も少ない。このまま行くと、初回から最終回までの平均視聴率が過去最低だった「パッシオーネ」(2010年)の35・1ポイントを下回る可能性も。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2015年6月10日 東西南北  聖市交通技術公社(CET)によると、セントロの「ミニョコン」の愛称で知られるコスタ・エ・シウヴァ高架橋が壊される可能性があるとの見解を出している。ミニョコンは麻薬常習者の巣窟として有名で、近隣住民には撤去を求める人も多く、土曜日閉鎖の投票を検討している。CETによると、「 […]
  • W杯や五輪警備に無人機=コンフェデ杯で試験運用2013年3月27日 W杯や五輪警備に無人機=コンフェデ杯で試験運用 ニッケイ新聞 2013年3月27日  14年のサッカー・ワールドカップや16年のリオ五輪警備に空軍や連警の無人機使用が決まり、6月15〜30日のコンフェデレーションズ杯で試験運用と25日付G1サイトが報じた。 […]
  • マナウスで小型機が墜落=5人死亡し生存者も大火傷2016年12月8日 マナウスで小型機が墜落=5人死亡し生存者も大火傷  7日午前8時頃、アマゾナス州マナウスで小型機が墜落、炎上し、5人が死亡、1人が負傷するという事故が起きた。7日付現地紙サイトが報じている。  事故が起きたのはマナウス中南部のウニオン地区の森林地帯で、墜落したのはエンブラエル721D型機を利用したタクシー便だった。  この […]
  • 《ブラジル》航空機製造エンブラエル社=インド、サウジ、ドミニカ、モザンビークで受注時に賄賂を渡し2億ドルの罰金=米当局6年前から捜査実施2016年10月26日 《ブラジル》航空機製造エンブラエル社=インド、サウジ、ドミニカ、モザンビークで受注時に賄賂を渡し2億ドルの罰金=米当局6年前から捜査実施  ブラジル航空機製造会社、エンブラエル社はアメリカ・ブラジル両国の捜査当局から汚職捜査を受け、2億600万ドルの罰金を払うことになったと25日付現地紙が報じた。  エンブラエル社はインド、サウジアラビア、ドミニカ共和国、モザンビークの各国への航空機販売の際に、リベートを渡して […]
  • サンパウロ州=350キロのコカイン押収=空軍と連警が小型機制圧し2015年11月18日 サンパウロ州=350キロのコカイン押収=空軍と連警が小型機制圧し  16日夜、南マット・グロッソ州北東部で不審な小型機を見つけた空軍機が追跡し、サンパウロ州北西部にある農園内の離着陸場へ着陸させたところ、350キロのコカインが見つかり、操縦士と商人が逮捕された。 追跡された小型機はエンブラエル社のEMB―810Cで、空軍機から着陸命令が出され […]