ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏が雇っていた「架空の議員職員」とされる人物で、同氏の家庭内労働者の家族とされるヴァルデリセ・サントスさんが、つい最近、解雇されていたことが判明した。彼女はリオ州内でアサイーの店を経営する人物で、ボウソナロ氏の疑惑は今年1月に浮上。以来、この件は忘れられた形となっていたが、9日のバンデイランテス局の大統領選討論会でギリェルメ・ボウロス氏がその名前を出したことで再注目されていた。報道によると、ボウソナロ氏は疑惑発覚以降も彼女に議員割当の中から給料を支払い続けていたとか。「正直さ」をアピールして支持を集める同氏にこの件はどう響くか。

     ◎

 13日未明、サンパウロ市東部ヴィラ・プルデンテのファヴェーラ、サンファウスチーノで火災があり、住人で消防にあたっていたルイス・カルロス・ナタウさん(26)が死亡し、炭化した遺体で見つかった。ナタウさんは火災発生後に消火に尽力し、交際中だった女性の連れ子らを助け出すのに成功したが、台所にボチジョンがあったのを思いだし、「爆発してはいけないから」と火の中に進んで行き、帰らぬ人となった。

     ◎

 今日、明日と、サッカーのブラジル杯準々決勝第2試合が行われる。サンパウロ州勢は今日、サントスがクルゼイロと敵地で、コリンチャンスもシャペコエンセと敵地で対戦。1戦目はサントスが0―1で敗戦、コリンチャンスが1―0で勝利している。明日はパルメイラスが本拠地でバイアと対戦する。1戦目は0―0の引き分けに終わったが、今度はどうなる?

image_print

こちらの記事もどうぞ