ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 検察がLJ作戦の一環として元大統領フェルナンド・コーロル上議の執務室にも盗聴器を設置したが、上院付警察官が無効化していたとの報道が21日に出た。奇しくもそれは、連邦検察庁がBRディストリブイドーラ社から2900万レアルの賄賂受領を指摘し、1億5470万レアルの返還を求めていると報じられた翌日の出来事だった。これで最高裁に訴えられ、被告にでもなろうものなら、上議罷免の可能性も出てくる。それにしても、大統領を罷免された上、議員まで罷免された政治家は、世界で他に例があるのだろうか。被告となることが現実味を帯びてきているだけに、気になるところだ。
     ◎
 昨日付の本欄でも報じた、エドゥアルド・クーニャ氏逮捕に携わった二枚目の連邦警察官が世間の注目を集めたのを受け、連邦警察が、世間からの注目を避けるために警察官の顔を黒いマスクで隠すよう指令を出し、20日から実施された。しかし、その姿は国の混乱に乗じて扇動行為を行う集団ブラック・ブロックスにそっくりで、イメージが良いとは言えない。これならまだ、美形警察官が世のヒーローになる方がマシなのでは。
     ◎
 来月11月のサッカーW杯南米予選に出場する選手24人が21日に発表された。4連勝と好調のチーム構成を大きく動かすことを避けたためか、目新しい選手の招集はなかったが、今月の試合を怪我で欠場していたカゼミーロ、マルセロ、ダグラス・コスタの3人が戻ってきたのは頼もしい。この布陣で11月10日、ドイツに7対1の屈辱の敗北を喫した、因縁のベロ・オリゾンテ、ミネイロン・スタジアムで行われるアルゼンチン戦に勝利したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年11月12日 東西南北  ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア […]
  • サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に2020年10月15日 サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に  サッカーのブラジル代表チームは12日のW杯南米予選のペルー戦で、終始先行されるなどデフェンスの弱さとクリエイティブなプレーの欠如に苦しむ中、ネイマールがハットトリックで押し返して4対2で下した。また、期待のリシャルリソンは、184センチの長身を活かしたプレーで存在感を […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]