ホーム | 日系社会ニュース | 小川派が〃融合〃を提案=4副会長枠を条件に

小川派が〃融合〃を提案=4副会長枠を条件に

ニッケイ新聞 2013年3月15日

 会長選挙に出馬を表明している木多喜八郎会長に、〃小川派〃がある申し出をしていることがニッケイ新聞の取材で分かった。
 小川彰夫氏の右腕である山村敏明氏(聖南西連盟会長)をはじめとして、金子国栄(レジストロ文協会長)、宮原ジョルジ(安部順二下議補佐官)、菊地義治(援協会長)各氏が12日に文協に赴き、木多会長、栢野定雄、桂川富夫両副会長の3人と会合を持った。
 「一緒にやれないか」—。小川派が持ちかけたのは、7人の副会長枠の4人を、同派の面々に渡す「融合シャッパ」の申し入れだ。山村氏によれば、肝心の小川氏が出席しなかったのは、「顔をあわせないほうが、交渉をしやすいと思った」という配慮からだという。
 「体制派とか反対派とか、もういい。これ以上争ったって仕方がないから。いうなれば仲良くしよう派。百年祭のときは融合と言っていたが、ますます逆を行ってる」と話す。どうしてそのような考えに至ったのか—。先日公表された評議員選挙への立候補者数をその理由の一つに挙げる。
 「わずか78人。2年前の半分の数。これを見て安泰だとか、木多体制への安心感だとかいうけど、文協への関心が薄れていることの証拠。これではダメだと思った。今の体制派が10年も続いている。少し変えないとマンネリ化するでしょう。コロニア、文協のために一緒にやらないといけない」と話す。
 それでは、4人の副会長には、誰が入るのか。それを尋ねると、「未定」だという。「ただ一緒にやろうということだけは言った。有力者の賛同も得ている」と話す。
 「木多会長らは『まさか』と驚いていたみたいだった。検討しますという返事だった。今それを待っている状態」と説明した。
 会合に出席した桂川氏に融合の可能性について尋ねると、「今はなんともいえない。3人しかいなかったので、今週中に理事会で話し合う。来週中に返事をすることになると思う」と答えるに留めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 3月の水曜シネマ2013年2月28日 3月の水曜シネマ ニッケイ新聞 2013年2月28日  文協水曜シネマの3月の上映日程が決まった。会場は6日が大講堂、それ以外は小講堂で、いずれも午後1時から。 […]