ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年3月19日

 新ローマ法王の就任式は今日だが、前法王の辞意表明後、反応の大きさに戸惑っていたコラム子が新法王に親近感を抱いたのは、〃フランシスコ(1世)〃という法王名と、「仲間達は新法王を探して地の果てまで行った」と話し、選出後も他の枢機卿らと同じバスに乗ったなどの逸話が原因だ▼法王名をとったアッシジの聖フランシスコは13世紀に出来たフランシスコ会の創始者。世界中で祈られる「主よ、私をあなたの平和の道具としてください」で始まる祈りは「フランシスコの平和の祈り」として知られているだけに、初の法王フランシスコと知って驚いた▼16日の会見では、新法王にベルゴリオ枢機卿を推薦したブラジルのクラウジオ・ウメス枢機卿が、法王決定後に「貧しい人達の事を忘れないで」と耳打ちした事がこの名前を選んだ理由とも明かされた▼新法王選出以来、生誕地のアッシジには訪問客が殺到しているが、聖フランシスコを記念する修道院には鳥や鹿が近づいてきたという逸話を表す空間もある。聖フランシスコは裕福な家の生まれだが、すべてを捨て、ハンセン氏病などの病人奉仕や托鉢巡礼に邁進した人で、キリストや弟子の行動を規範とし、腰にも皮ベルトではなく縄を巻くなど、清貧を貫いた改革の士だ▼改革が必須とされるカトリック教会は「貧しい人々のための貧しい教会」でありたいと望む新法王は、米大陸初、高等教育や研究活動などの教育活動と宣教事業、社会正義事業を3本柱とするイエズス会初、フランシスコ1世と初物尽くし。アルゼンチンでは反体制派として知られるが、庶民の中に積極的に入っていく姿勢継続も望みたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=サンパウロ市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=サンパウロ市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • コラム 樹海2013年3月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年3月23日 […]
  • 「狂った女王」と呼ばれ始めたボウソナロ2020年4月10日 「狂った女王」と呼ばれ始めたボウソナロ  「ボウソナロ大統領の言動がおかしい」。それは、コロナウイルスの状況がひどくなればなるほど、とりつかれたように持論にしがみつくばかりで、「感染したくない」という国民の気持ちから離れ、コロナに関する国際的な常識からも完全に逸脱してしまっている。そんな現在の大統領の状況を見 […]
  • 《ブラジル》決断が難しいのは、外出自粛令を出すより解除の時2020年3月31日 《ブラジル》決断が難しいのは、外出自粛令を出すより解除の時  先週から主だった州で知事から外出自粛要請が出され、それに連動して各市が商店閉鎖条例を出し、町から人影が消えた。  サンパウロは今週か来週には感染激増期に入るといわれる。そうなると「外出禁止令」というさらに厳しい段階に入る可能性がある。今のように各人の判断で外出を自粛 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]