ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年3月19日

 新ローマ法王の就任式は今日だが、前法王の辞意表明後、反応の大きさに戸惑っていたコラム子が新法王に親近感を抱いたのは、〃フランシスコ(1世)〃という法王名と、「仲間達は新法王を探して地の果てまで行った」と話し、選出後も他の枢機卿らと同じバスに乗ったなどの逸話が原因だ▼法王名をとったアッシジの聖フランシスコは13世紀に出来たフランシスコ会の創始者。世界中で祈られる「主よ、私をあなたの平和の道具としてください」で始まる祈りは「フランシスコの平和の祈り」として知られているだけに、初の法王フランシスコと知って驚いた▼16日の会見では、新法王にベルゴリオ枢機卿を推薦した伯国のクラウジオ・ウメス枢機卿が、法王決定後に「貧しい人達の事を忘れないで」と耳打ちした事がこの名前を選んだ理由とも明かされた▼新法王選出以来、生誕地のアッシジには訪問客が殺到しているが、聖フランシスコを記念する修道院には鳥や鹿が近づいてきたという逸話を表す空間もある。聖フランシスコは裕福な家の生まれだが、すべてを捨て、ハンセン氏病などの病人奉仕や托鉢巡礼に邁進した人で、キリストや弟子の行動を規範とし、腰にも皮ベルトではなく縄を巻くなど、清貧を貫いた改革の士だ▼改革が必須とされるカトリック教会は「貧しい人々のための貧しい教会」でありたいと望む新法王は、米大陸初、高等教育や研究活動などの教育活動と宣教事業、社会正義事業を3本柱とするイエズス会初、フランシスコ1世と初物尽くし。アルゼンチンでは反体制派として知られるが、庶民の中に積極的に入っていく姿勢継続も望みたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • コラム 樹海2013年3月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年3月23日 […]
  • どこも異常な現在の南米2019年10月11日 どこも異常な現在の南米  5年以上続いている政治的混迷がボウソナロ政権以降にますます深みにはまっている伯国。だが、現在の南米を見ていると、おかしいのはこの国だけでないことがすぐわかる▼それはもちろん、マドゥーロ極左政権の暴走で国際的な孤立状態になって久しいベネズエラや、実業家出身の保守派大統領 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]