ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年3月26日

 「ラテンアメリカ諸国とのグローバルな文化交流を目指して」、京都ブラジル文化協会と京都メキシコ文化協会が合併して「京都ラテンアメリカ文化協会」が発足した。設立総会は昨年6月にあり、メキシコ料理を楽しむ会、京都外大への南米出身留学生を囲む会、日本ラチーノ学院への訪問、アルゼンチンタンゴ鑑賞会などのイベントが行われているようだ。外国人が多い京都で、ぜひ双方を繋ぐような活動を進めてもらいたいもの。
     ◎
 当地への進出を目指すコーチA社。「コーチング」というと聞きなれないが、スポーツ界でよく使われるあの「コーチ」と同じ言葉。人材開発の手段とし、80〜90年代頃のアメリカで注目され始め、世界各国に広まった。企業経営だけでなく、個人の成長を促すセルフコーチングや教育コーチングなど、幅広く応用されている。組織活性化や刷新を目指す日系団体にとっても、利用の価値がありそう。
     ◎
 第2次招集の午前9時を過ぎても文協の総会が、なかなか始まらない。選挙管理委員長の大原毅氏はいるのだがーと思っていたら、原田清・評議員会長が15分遅れで到着した途端、司会が始まった。パトロンのいる飲み会じゃあるまいし、待つことに意味はあるのだろうか。文協のこうした〃空気の支配〃は評議員が誰になろうが変わりはしないのだろう。出席したのは理事やスーツ姿のお偉方ばかり。会員不在の文協もまた変わらない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • 大耳小耳2013年3月23日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月23日 […]
  • 大耳小耳2013年3月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年3月19日 […]
  • 大耳小耳2016年8月23日 大耳小耳  伯国でも人気を博している『ポケモンGO』。今月3日に解禁されてから、東洋街でもスマートフォンを片手に道端で立ち止まりモンスターを捕まえたり、夜遅くまでうろうろしている若者の姿も。今週末開かれたポルト・アレグレ日本祭りでは7万人近い来場者がアニメに熱中し、近郊のカショエリーニャ […]
  • 大耳小耳2015年11月19日 大耳小耳  亜国邦字紙『らぷらた報知』12日付けによれば、メキシコの刑務所から7月に脱獄した麻薬組織首領ホアキン・グスマン受刑者が、アルゼンチン南部パタゴニア地方の山間部に潜伏している可能性があるとアルゼンチンの治安当局が6日に発表したという。「チリに向けて、アンデス山脈の国境を抜けよう […]