ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年3月28日

 またもや年月の経つ早さを感じる時期を迎えた。行く、逃げる、去るという言葉のゆえではないだろう。正月、短い2月、年度末と続くことから思うようにことが進まず、こうした言い方ができたようだが、ブラジルではカーニバルも加わり輪をかける。去りつつも記憶に残る3月の言葉▼「忘れないでほしい」。東日本震災から2年。被災地から高野桜さん(18、福島)、佐々木沙耶さん(同、岩手)が来伯、文協であった法要などで体験談とともにメッセージを送った。被災者の存在だけでなく、この2年間に私たちが感じたことも、だ。時の経つ早さと忘却を比例させてはいけない▼前出の高野さんは風評被害についても語った。古里福島の状況を受け世界の9県人会が初会合。ブラジルからは安全な食のアピールを提言、当地での販売支援を表明した。文協法要で涙ながらに故郷への思いを語った永山八郎県人会長は「何らかの形で手伝いたい」▼「祖母から聞いてずっと行きたかった」。森光マリアさん(70、三世)は初めて四国八十八カ所を回る。日本語が読めないのが気になるところ。迷うことで有名な遍路道だが、おばあちゃんを加えた〃同行三人〃で、人の優しさにも触れてほしい▼「暴力集団のように描かれるのは心外。歴史を正確に伝えて」。両親が保管していた臣道聯盟旗を山村保生さん(60、二世)が寄贈した。より多くの史料があれば後世の研究材料にもなる。「これを呼び水にさらなる寄贈を」▼忙しいときだからこそ、新聞をめくり直す余裕がほしい。ときおり紹介するように、そこには拾い上げるべき言葉の落葉がある。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」2016年7月12日 日本祭りの裏方のみなさん「お疲れさま!」  「お疲れさま!」――県連日本祭りの裏方を務めたみなさんに、今年も心からそう言いたい。県連役員はもちろん、各県人会や婦人会、青年部、そして出展者、ボランティアのみなさんにだ。数千人が準備に関わり、1年がかりで積み重ねた打ち合わせ、会議、連絡の成果が、この3日間に花開いた▼同じ会 […]
  • コラム 樹海2013年2月28日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年2月28日 […]
  • コラム 樹海2014年3月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月22日  南マットグロッソ州都カンポグランデ市を訪れた。今年、日本人入植から100年を迎え、カンポグランデを通って入植が始まったボリビア・オキナワ移住地も60周年の節目。母県からの慶祝団の訪問もあることから、お互いの行き来も今後あるようだ。市の無形 […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • 沖縄移民110周年=熱狂! 総勢2千人の大パレード=若手中心に琉球文化で魅了=「多数の子弟参加に感動!」2018年8月7日 沖縄移民110周年=熱狂! 総勢2千人の大パレード=若手中心に琉球文化で魅了=「多数の子弟参加に感動!」  約190万のブラジル日系社会のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を放つ沖縄県系社会――ブラジル沖縄県人移民110周年を迎え、3、4、5の3日間に渡り、記念祝典が各地で開催された。なかでも4日、ビラ・カロン沖縄県人会支部主催の「第16回おきなわ祭り」では、総 […]