ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月5日

 最後の移民船「にっぽん丸」の同船者会には、在仙イッソ会の名川宗彦さんからも祝辞が届けられた。世話人の小池和夫さん(67、宮城)にその名の由来を聞くと、出航前の1週間、横浜移住センターで研修を行ったさい、何かあるたび覚えたてのポ語で「イッソ!(isso)、イッソ!」と囃し立てたことからだとか。同船者会も工業移住者の集まりであるイッソ会から始まったのだという。グァタパラ在住の近藤(旧姓・深沢)佐代子さん(63、神奈川)は「船のなかでも工業移住の人は威勢が良くて勢いがあったよね」と懐かしんでいた。
                        ◎
 3年半の在任中、日系集団地106カ所を164回訪問した大部一秋・前在聖総領事が駐ウルグアイ大使に任命された。2日午後には宮中で認証式も行われ、赴任は5月中旬になるという。気さくで温厚な人柄に加え、明るい栄子夫人のキャラクターでコロニアの人気も高かった。昨年6月にあった歓送会では「去っても心はサンパウロに残る」と涙ながらに話していたが、1年経たずして南米の地に。「お帰りなさい」という声が聞こえてきそうだ。
                        ◎
 毎年5月の第二土曜日を釈迦の誕生日とし、花祭りをブラジルの正式行事とすることが連邦政府によって昨年定められた(Lei No. 12.623)。8日からの花祭りの案内で来社したブラジル仏教連合会の松峯慈晄会長は、「今までにないこと」と喜んでいる。昨年5月10日官報に掲載されたそうで、コピーを見ると、当時の文化大臣アナ・マリア・ブアルケ・デ・オランダの名前も。本当は4月8日なのだが…どういう基準で決まったのだろう?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  伯国生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。聖市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。聖市の日系書店などで販売中。郵送での購入希望や問い合わせ […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]