ホーム | 日系社会ニュース | 第30回武本文学賞=160人が集って祝う=ポ語部門への応募が盛況

第30回武本文学賞=160人が集って祝う=ポ語部門への応募が盛況

ニッケイ新聞 2013年4月9日

 ブラジル日系文学会(武本憲二会長)が主催する「第30回武本文学賞授賞式」が31日午後、サンパウロ市の宮城県人会館で行われ、受賞者を囲んで約160人が祝った。今回は日本語部門に前回より20多い89作品が集まり、ポ語部門にはコントに54人、ハイカイに47人、詩に76人が国内各地や国外から応募し、作品数は200を超えた。
 司会は編集長の中田みちよさん、井浦賢治エジソンさんが日ポ両語で務めた。30回目の節目の開催にあたる。武本会長は「1983年9月3日付けのサンパウロ新聞に、輝く武本文学賞という見出しで賞の設置が紹介される記事が載った。そこから30年になる」と感慨深くあいさつし、これまでの賞の経緯を振り返った。
 続いて受賞者が壇上に呼ばれ、各部門の選考委員から賞状や副賞が一人ひとりに手渡された。来伯していた細川周平氏(国際日本文化研究センター教授)も登壇し、ハイカイ部門の受賞者に賞状を贈呈。「お名前だけはよく知っている皆さんに会うのを楽しみにしてきた」と会場にあいさつした。
 受賞者を代表して随筆部門入賞の鎌谷昭さんが壇上に上がり、「コチア青年の会報に書いた随筆が好評を得たことを契機に、邦字紙や楽書倶楽部などに投稿し始めた」との執筆経験を披露した。最後に「継続は力なり。ずっと書き続けたことが賞につながったと思う。これからも健康に留意して書き続けたい」と喜びを語った。
 終了後は梅崎嘉明さんが乾杯の音頭を取り、賑やかに歓談した。受賞者は次の通り(敬称略)。 【日本語部門】▼小説=佳作「シングル・ファーザー」原田秀一、▼随筆=入選「プロへの道」鎌谷昭、佳作「大根飯」小栗巌、▼短歌=入選「還り来にけり」谷口範之、佳作「花影」高橋勇三、「ふるさと徒然」中島ノエミ、▼俳句=間嶋稲花水選・特選「待春」須賀吐句志、富重久子選・特選「インコ芭蕉」纐纈喜月、小斉棹子選・特選「身辺抄」西山ひろ子、▼自由詩=佳作「故郷」斉藤白憂、「好き」カツラ・アーサー、「雨」浦畑艶子、▼翻訳=入選「密やかな幸せ」佐東三枝、佳作「密やかな至福」松村千沙、▼川柳=佳作「本音」須賀とくじ、「自戒」公告余禄。【ポ語部門】▼コント=入賞「Ao badalar dos sinos」Maria Apparecida S. Coquemala、佳作「Molho de tomates」Graciela Joyce da Rocha Hernandez、「O cacador de eufemismos」Jacqueline Salgado、▼ハイカイ=入賞「Outono se foi」Francisco Handa、佳作「Casa abandonada」Eduard Tara、「Casa de marimbondo」Joao Toloi、▼詩=入賞「Desenho leve」Itamar Rabelo de Souza、佳作「Para ler em dias de chuva」Luiz Carlos de Moura Azevedo、「Videira」Tatiana Alves。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]
  • 説明会を開いた大原委員長2015年2月26日 文協評議員選挙=候補82人顔ぶれ変わらず=新会長は現体制派からか=4月25日に理事会選挙  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の評議員選挙が3月28日の定期総会で行なわれるに当たり、立候補の申し込みが今月13日に締め切られた。82団体・個人の候補者が出揃ったところで、選挙管理委員長の大原毅氏が24日午後、説明会を開いた。理事会役員の決定権を持つ重要な評議 […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=712014年12月11日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=71  「ラテン系は美しく、惹かれるものはありますが」と言い、「男性が若いうちはいいが、年齢とともに体力、精神力ともに弱さが出てくるし、食事にしても日本食を恋しくなりますから」と語っている。 ことに体調を崩した時など、日本人なら白かゆや、おじやなどが欲しいはずで、それを病人自身が […]
  • コチア青年講演会6日=杉尾、宮尾両氏にオペラも2013年10月29日 コチア青年講演会6日=杉尾、宮尾両氏にオペラも ニッケイ新聞 2013年10月29日  コチア青年連絡協議会(村田重幸会長)が主催する講演会が11月6日午後2時から、サンパウロ市の宮城県人会館サロンで行われる。参加費は無料。コチア青年以外の参加も歓迎している。 […]