ホーム | 日系社会ニュース | プロ棋士 大沢奈留美さん来伯=聖市で無料指導会=19〜24日

プロ棋士 大沢奈留美さん来伯=聖市で無料指導会=19〜24日

ニッケイ新聞 2013年4月10日

 日本棋院南米本部(平松幸夫理事長)は文化庁派遣の棋士大沢奈留美さん(36、埼玉)を迎え、19日〜24日午後1時半〜6時まで同本部(Rua Dr. Fabricio Vampre, 116, Vila Mariana)で『無料指導会』を行う。月曜休館、参加自由。 土、日曜日は、大きなサイズの碁盤を使った大盤解説もある。
 大沢プロは6歳で囲碁を始め、20歳でプロ棋士になり、現在4段。国内の各種大会で好成績を収めるほか、2010年には「第16回アジア競技大会」日本代表として出場した。入門教室や指導対局など囲碁普及活動に努める。東京本院所属。
 案内のため来社した平松理事長と大羽豪三さんは「囲碁は場所を問わず一人でも出来る、老後の趣味やボケ防止にもぴったりの奥深いゲーム。若手美人棋士の来聖を機に、一度やってみませんか」と呼びかけている。
     ■
 同本部では毎週土曜日午後1時半から、初心者向けの囲碁講座も開講している。講師は島田シンジさん(6段)。
 また、10月12、13の両日、「第15回南米囲碁大会」が聖市で開かれる。
 問い合わせは同本部(11・5571・2847)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イベロアメリカ囲碁大会=13年ぶりの聖市開催2013年10月2日 イベロアメリカ囲碁大会=13年ぶりの聖市開催 ニッケイ新聞 2013年10月2日  日本棋院南米本部(平松幸夫理事長)が『第15回イベロアメリカ囲碁大会』を11日から3日間、同本部(Rua Dr. Fabricio Vampre, 116, Vila […]
  • JICA=初の囲碁指導者、嶋脇さん=「初心者も気軽に会館へ」2019年10月8日 JICA=初の囲碁指導者、嶋脇さん=「初心者も気軽に会館へ」  国際協力機構(JICA)ボランティアの嶋脇雄一郎さん(31、青森県)が、8月からブラジル日本棋院で囲碁の指導を行っている。伯国JICAボランティアでは初の囲碁指導者。2日、嶋脇さんと同棋院の村井修理事長、小池庸夫(つねお)理事が来社した。  嶋脇さんは「趣味程度だっ […]
  • ■今週末の催し2019年10月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  ラテンアメリカ囲碁コングレス(ブラジル日本棋院)、同棋院会館(R. Dr. Fabrício Vampré, 116 - Vila […]
  • 囲碁南米大会10日から=欧米韓からプロ棋士来伯2019年10月5日 囲碁南米大会10日から=欧米韓からプロ棋士来伯  ブラジル日本棋院(村井修理事長)は囲碁の南米大会「ラテンアメリカ囲碁コングレス」を10(木)~13日(日)の4日間、聖市の同棋院会館(R. Dr. Fabrício Vampré, 116 - Vila […]
  • ブラジル杯囲碁大会=参加申し込み19日から=23、24日2011年7月14日 ブラジル杯囲碁大会=参加申し込み19日から=23、24日 ニッケイ新聞 2011年7月14日付け  日本棋院南米本部(平松幸夫理事長、会員100人)は「第2回ブラジル杯囲碁大会」を23、24両日、同本部会館(Rua Dr. Fabricio Vampre, 116, Vila […]