ホーム | 日系社会ニュース | ロンドン五輪メダリスト=女子柔道 上野順恵さんが講演会=業務研修で9月までサンパウロ市に=「ブラジルで進退決めたい」

ロンドン五輪メダリスト=女子柔道 上野順恵さんが講演会=業務研修で9月までサンパウロ市に=「ブラジルで進退決めたい」

 2012年のロンドン五輪で銅メダルを手にした日本女子柔道の代表選手、上野順恵さん(29、北海道)が2月末から、勤務する三井住友海上のサンパウロ市拠点「ミツイ・スミトモ・セグーロス」で業務研修中だ。語学研修を積みながら、様々な道場で現地の選手と交流、9月末まで滞在する。ブラジル日本商工会議所の異業種交流委員会が11日に日本語センターで開いた講演会『ロンドンオリンピック、そしてブラジル』には約50人が訪れ、耳を傾けた。30歳という壁を前に現役を続けるか否かの決断を迫られる中、「ブラジル柔道に、これからの柔道生活のヒントを見つけたい」と思いの丈を語った。


 「優勝しか目指してなかったので(敗退したとき)死にたいと思った。でも、姉の喝で死ぬ気でメダルを取りに行くと決めた」。ロンドン五輪の敗者復活戦で見事勝ち上がり、メダルを手にした心境を語った。
 姉の雅恵さんはアテネ、北京五輪の金メダリスト。「メダル取るのと取らないのでは大違い」と背中を押された。妹の巴恵さんは、現在リオ五輪出場を目指して訓練に励む。
 柔道三姉妹。「姉より体が小さくて、両親は柔道させるか迷ったらしいけど、いつの間にかやっていた」。旭川市で道場を営む父法美さんは優しいが柔道では厳しく「練習ではいつも泣いていた」と振り返る。
 学校ではいじめにもあったが、5年生の時に道内大会で優勝、中学では世界選手育成を目指す強化ジュニアチーム入りを果たし、メキメキ力をつけた。2002年、姉の勤める三井住友海上に入社。東京都世田谷区の道場での厳しい練習に明け暮れた。
 だが、ロンドン五輪以後、試合には出場していない。「段々体力が回復しなくなってきた。進退を決めたい」と胸の内を語る。その決断の地にブラジルを選んだのは、試合で2回訪れたリオでの経験からだ。「先生と選手、選手同士の関係がすごくいいし、今まで行った国の中でブラジル人と一番気が合ったから」
 日常会話や柔道用語マスターを目標に、午前中は語学学習に励み、当地代表選手の合同強化合宿にも参加、夕方は様々な道場に足を運ぶ毎日だという。
 終始朗らかな笑顔を浮かべながら自身の歩みを語り、「メダルを取るには、何かを犠牲にして日常生活を送らないといけない。私の場合は酒だった」などと会場をわかせた。
 講演後の夕食会では、親しみやすい人柄からか上野さんを囲み人の輪ができた。参加者らは写真撮影を頼んだり、引き締まった腕に触れたりと、メダリストとのひと時を大いに楽しんだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催2018年8月2日 ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催  2020年7月24日に開幕する東京五輪まであと2年を切り、7月31日付ブラジル現地紙が「今年中に五輪出場権が決まる種目」として、はやくも18年中に出場、不出場の命運が分かれる種目や選抜の様子を伝えている。  同記事で紹介されている種目中、最も早く五輪出場権が決まるの […]
  • 大耳小耳2018年6月27日 大耳小耳  リオ五輪柔道女子で金メダルを獲得したラファエラ・シルバを育て上げた藤井裕子さんが、女性として初めて、ブラジル柔道男子代表監督に任命されたことが国際柔道連盟から発表された。藤井さんは、12年ロンドン五輪で英国代表女子を指導、13年5月からブラジル代表女子コーチに就任。リオ五輪で […]
  • ブラジル選手が柔道でメダル4個=第29回夏季ユニバーシアードで2017年8月23日 ブラジル選手が柔道でメダル4個=第29回夏季ユニバーシアードで  台湾の台北で開催されている第29回夏季ユニバーシアードの柔道の部で、ブラジル人選手がメダルを4個獲得した。  22日にメダルを獲得したのは、女子52キロ級のエレウジス・ヴァレンチン(銀)と、同57キロ以下級のタミーレス・クルーデ(銅)だ。  エレウジスの決勝の相手は日本の […]
  • 新日鉄がミナスで柔道交流=銅メダリスト=西山さん3都市で指導=楽しさや技伝え、継続視野に2017年3月25日 新日鉄がミナスで柔道交流=銅メダリスト=西山さん3都市で指導=楽しさや技伝え、継続視野に  【ベロ・オリゾンテ発=小倉祐貴記者】2012年ロンドン五輪の柔道男子90キロ級銅メダリスト、西山将士さん(31、山口)が12日からブラジルを訪れ、ミナス・ジェライス州3都市で柔道指導を行なった。競技を通じた地域交流を目的として、西山さんが勤務する新日鉄住金が実施した。現地 […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]