ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年4月16日

 9日のサンパウロ市東部ベレンでの大学生殺人事件以後、サンパウロ市内で10代による強盗が目立っている。11日は南部カンポ・リンポの北東伯風料理店で16歳のリーダーによる集団強盗事件が発生し、南部サンタマーロのバールを10日と13日の2度襲った強盗団には、10代のメンバーが2人いた。これらの強盗事件は殺人には至らなかったものの、10代の動向が不安視される今日この頃。
     ◎
 1992年9月当時、南米最大の刑務所だったカランジルー監獄で起き、111人の囚人の命が犠牲になった虐殺事件の陪審裁判が15日、サンパウロ市西部バラ・フンダの刑事裁判所で再開された。この裁判は8日に予定されていたが、陪審員の1人が体調不良に陥ったことにより、1週間延期されていた。4回に渡り100人以上の軍警の被告に対して行われる今回のこの裁判では、まず26人が裁判対象となる。
     ◎
 人気漫画「トゥルマ・ダ・モニカ」の作者としてお馴染みのマウリシオ・デ・ソウザが、ネイマールをキャラクターにした漫画を発表。マウリシオが人気サッカー選手をモデルにした漫画を書くのはペレ、ロナウジーニョに続いて3人目。書店には30日頃に並ぶ予定。6日の代表での対ボリビア戦で2得点したネイマールは13日のサンパウロ州選手権で1試合4点を量産し好調をアピール中。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル版フォーブス=最も影響力のある有名人=30人のリストを発表2013年12月20日 ブラジル版フォーブス=最も影響力のある有名人=30人のリストを発表 ニッケイ新聞 2013年12月20日  ブラジル版フォーブス12月17日付電子版が、ブラジルで最も影響力のある有名人30人のリストを発表した。ブラジルでは初の試みで、名声や財産、力を基準に選出された。 […]
  • カフーがW杯について語る=「応援で経験不足を補える」2014年2月19日 カフーがW杯について語る=「応援で経験不足を補える」 ニッケイ新聞 2014年2月19日 自国開催のワールドカップまであと4カ月。そのタイミングでフォーリャ紙は、1994年から2002年の4大会でW杯に出場し、2度の優勝(94、02年)に輝いた、ブラジル・サッカー史に残る右サイドバック、カフーにインタビューした。 まずカフーは、 […]
  • 「R10」は今年もミネイロに=ロナウジーニョが契約更新2014年1月10日 「R10」は今年もミネイロに=ロナウジーニョが契約更新 ニッケイ新聞 2014年1月10日  「R10」。これは、ブラジル・サッカー界が生んだ名選手のひとり、ロナウジーニョがスペインのバルセロナ時代につけられたニックネームだが、その「ロナウジーニョの10番」は今年もアトレチコ・ミネイロで活動することが9日、正式に決まった。  ヨー […]
  • 東西南北2013年8月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年8月9日  8日付本欄でも報じたサンパウロ市北部での軍警一家殺人事件に関し、軍警のヴァギネル・ジマス軍曹は、13歳の息子によって殺害されたとされているアンドレイア・ペッセジーニ伍長が、現金引き落し機の強盗に絡んだとして同僚の軍警数人を告発し調査を行ってい […]
  • 大耳小耳2013年7月31日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年7月26日  ネイマールとパナソニックの契約更新記者会見では、人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作者の高橋陽一氏による、パナソニックの社名入りのユニフォームを着た同選手の似顔絵も披露された。が、これがびっくりするほど似ていない。耳子からは、ネイマール自身 […]