ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 下院でジウマ大統領罷免に関する動きが進むのと並行して、いろんな主張が外で行われている。最高裁のアウレーリオ・メロ判事は、エドゥアルド・クーニャ下院議長に対し、シジ・ゴメス元教育相から出されたミシェル・テメル副大統領の罷免請求を受け付けるようにとの命令を下した。一方で、10年、14年の大統領選で健闘したマリーナ・シウヴァ氏や、レナン・カリェイロス上院議長は、大統領罷免ではなく、大統領選挙を18年より早めて行うことで解決を求めることを呼びかけている。何が最良の道かはわからないが、国を正常に機能させるためにも、早めの解決を求めたいところだ。
     ◎
 5日朝、聖市内で運行している学校の送迎バスが市西部のオタヴィオ・フリアス・デ・オリヴェイラ橋に集結し、同市南部ヴィラ・マリアーナ区の市教育局前まで一斉に移動、教育局前では午後2時まで抗議行動を継続した。このデモは市役所と契約を結び、生徒たちを送迎する無料バスの運転手たちが、市役所側が今年に入って彼らへの手当てのシステムを変えたことに抗議する意味で起こしたもので、市北部、東部、南部では車椅子を必要とする子供の足にまで影響が出た。早めの解決を願いたいところだ。
     ◎
 5日に行われたサッカーのリベルタドーレス杯で、サンパウロは本拠地モルンビで行われた対トルヒジャーノス(ベネズエラ)戦を6―0で圧勝した。特にアルゼンチン人ストライカー、カレリは4点を奪う大活躍を見せた。サンパウロはグループ1の暫定2位に浮上。16強トーナメント進出に望みをつないだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年9月18日 東西南北  サッカーのセレソンのドゥンガ監督は17日、10月11日の対アルゼンチン、14日の日本戦の召集メンバーを発表した。先日の米国遠征に手ごたえを感じてか、今回はサイドバック2人が代わったのみだったが、国民の多くから不満の声があがっている。それは今回の親善試合とほぼ同じ時期にブラ […]
  • 再選を祝うジウマ大統領とルーラ元大統領(Foto: Ricardo Stuckert/Instituto Lula)2015年1月7日 政権交代はなぜ起きなかったか=なりふり構わぬ選挙攻勢=反ジウマ派の勢いの限界  13年6月のコンフェデ杯時に世界を驚かせた全国的なマニフェスタソン、景気停滞、そして連立与党が絡んでのペトロブラス超大型汚職…。ここまでのマイナス要因がありながらも、労働者党(PT)のジウマ政権は選挙で再び選ばれ、継続することを決めた。特に13年の抗議行動に強烈な印象を持 […]
  • アルゼンチン大統領選=マクリ氏が逆転勝利=キルチネル政権12年で幕=今後の伯国との関係は?2015年11月24日 アルゼンチン大統領選=マクリ氏が逆転勝利=キルチネル政権12年で幕=今後の伯国との関係は?  22日に行われたアルゼンチンの大統領選決選投票で、保守派の対抗馬のマウリシオ・マクリ氏が逆転当選を果たし、同国で12年間続いてきたキルチネル夫婦の政権を終わらせた。23日付伯字紙が報じている。 […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 東西南北2016年3月8日 東西南北  4日のルーラ前大統領のラヴァ・ジャットでの事情聴取は伯国に大きな波紋を投げかけたが、これで勢いづいたのが野党側だ。14年の大統領選2位のアエシオ・ネーヴェス氏は4日の夕方、ツイッターで「この機会を今後の糧にしなければならない」とし、13日に行われる反政府デモに全力を注ぐことを […]