ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海


ニッケイ新聞 2013年4月16日

 双子の岩山ポン・デ・アスーカルやコパカバーナ海岸などの自然と、コルコバードのキリスト像などの建造物が一体化した景観の美しさで12年に世界文化遺産に指定されたリオ市。だが、W杯や五輪でも注目されるそのリオが世界で最も汚い観光地ワースト10に入り、汚名返上のためにゴミを捨てた人に157〜980レアルの罰金を科すことにした▼同市では主要道路の歩道を1日4回清掃するが、どんなにきれいに掃除しても、40分もすればゴミが溜まるのを目の当たりにする清掃夫達は毎日のように無力感を味わい、道路や海岸の清掃費は年6億レアルに上る。こんな現実に辟易した市役所は、空き缶程度までの大きさのゴミのポイ捨てで157レアル、1立方メートルまでは392レアル、それ以上は980レアルの罰金徴収を決めた。7月からの罰金徴収には軍警や市警備隊なども加わるという▼リオ市が導入する条例は欧米などのモデルに倣ったもので、パリで道路に唾を吐けば約87レアル、ロンドンもガム吐き捨てで約240レアルの罰金。米国テキサス州での罰金は最高約1千レアルだという▼リオ市長によれば、ゴミを捨てた人の名前は銀行業務集中サービス(Serasa)に登録され、罰金を支払うまで名前が残る上、命令に従わない時は警察に連行する可能性もあるという。リオ市では著名人も参加しての啓蒙キャンペーンを展開中だが、「リオを本当に愛しているならゴミを捨てたりしないはず」との言葉がどの位の重みを持つか▼折角の文化遺産も懲罰という形でないと景観を保てないという発想は悲しいが、カリオッカ達の反応やいかに。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]