ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年4月20日

 17日夜、大聖市圏オザスコとカラピクイーバで計3カ所で銃撃が起こり、計4人が死亡、7人が重傷を追う事件があった。11時にオザスコで1人、11時30分と35分にカラピクイーバで2回に分け計3人が銃弾を受けて亡くなったが、警察は同一犯の犯行を疑い調査中。この両市では翌18日、市民が犯人への抗議の意を込めバスの焼き討ちを行った。
     ◎
 コンサートや演劇での学生料金での半額チケット購入の激増を抑えるべく、その料金での購入枠を全体の40%までにする法案が16日に上院で承認されていたことがわかった。最近では、聖市でのロック・フェスティバル、ロラパルーザで95%、あまり若者が行くとは思えないジャズ歌手の公演まで72%が学生料金だった。予想される購買者の反発に対し、興行側は正規値段を今後コンサートで35%ほど、演劇で20%ほど値下げする意向。興行の発展には必要な議論だ。
     ◎
 18日のリベルタドーレス杯でフルミネンセとグレミオもグループ予選を勝ち上がり、これで伯国の6チーム全てが24日からの16強決勝トーナメント進出を決めた。同一国からの16強進出としては過去最多。既にベスト16の組み合わせも決まっているが、注目カードはコリンチャンス対ボカ・ジュニオールズ(アルゼンチン)。昨年の同杯決勝の再現だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月4日 東西南北  10月30日にニューヨークで起きたテロは、8人の犠牲者中、5人がアルゼンチンからの観光客だったため、ブラジルでの関心も高い。テロ直後から、犠牲者たちが属していたアルゼンチンの観光グループの旅行中の写真がネットで出回り、話題となっている。しかも、写真の撮影場所の一つは、乗り継ぎ […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 東西南北2017年4月7日 東西南北  6日付アゴラ紙によると、サンパウロ市役所が市内46の教育統合センター(CEU)での文化プログラム二つの資金を凍結している。これにより、4千人以上の子供たちと4千人以上の大人たちが、ダンスや演劇などのレッスンを受けられなくなっている。ドリア市政は財政切り詰めで43・5%の文化予 […]
  • 東西南北2016年4月8日 東西南北  エスタード紙は6日から、紙面とサイトで、ジウマ大統領の罷免に関する下院での賛成票、反対票の数を、それぞれ青、赤の字で表示している。ネット版では票の数が実況中継のように刻一刻と修正されている。さらに新聞版は、見開きで下院議員全員の顔を掲載し、写真を青く塗った賛成派と赤く塗った反 […]
  • 東西南北2016年10月8日 東西南北  ジョアン・ドリア氏の当選により、「サンパウロ市は来年以降どうなるのか」の議論が早くもはじまった。7日付アゴラ紙は「ドリア市長就任でなくなりそうな自転車道はどこか」との予想記事を掲載。東部ジャルジン・エレナのアリヴェイラ・フレイレ大通りや、セントロのミニョコン真下の自転車道がな […]