ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年7月6日

 ミナス州ベロ・オリゾンテ郊外サンタ・ルジアの州立学校構内で4日、19歳の生徒が16歳の2人の生徒に発砲したとして逮捕された。5日付エスタード紙が報じた。発砲した生徒は精神安定剤を服用しており、警官であるおじの拳銃を持ち出して犯行に及んだ。生徒らの証言によれば、発砲した生徒は被害者のいずれかに普段からからかわれたり頭を叩かれるなどのいじめを受けていたという。被害者の一人は肩と耳にかすり傷を負い、いじめに関わっていなかったもう一人は腹部に負傷したが、いずれも命の別状はない。
     ◎
 サンパウロ州政府が4日、モノレール車両となるサンパウロ市地下鉄18号線を3年以内に開通させると発表した。18号線は地下鉄2号線(緑)とCPTM10号線のタマンドゥアテイ駅からABC地区に伸びる路線で、第1段階は総工費35億レアルをかけ、ディアルマ・ヅットラまでの13駅を開通させる予定だ。だが、地下鉄工事の遅れはサンパウロ市では日常茶飯事。18号線の前に、4号線と5号線の延長、モノレール車両の17号線開通も2年以内で予定されているが、実際の完成は一体いつ?
     ◎
 コリンチャンスが4日、第3ユニフォームとなるブルーのユニフォームを披露した。7日の対バイーア戦から着用予定のユニフォームは、白と黒がトレードマークのコリンチャンスには意外な色だが、これは1965年、同チーム史上最大のスター、リベリーノがブラジル代表選手として英国リーグのアーセナルと試合をしたときのセレソンのユニフォームにちなむ。ユニフォームひとつにも歴史あり。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年4月3日 東西南北  グアルーリョス空港までのCPTM13号線が先週末に開通し、拡大整備が進む鉄道網だが、2日には3月から開通していた地下鉄5号線のエウカリプトス駅が通常運行となった。サンパウロ市地下鉄は今後も開通ラッシュが控えており、4号線のオスカー・フレイレ駅、5号線の3駅、15号線モノレール […]
  • 東西南北2017年11月7日 東西南北  10月25日にゴイアス州ゴイアニアの私立校で起きた、14歳の生徒がいじめの仕返しで同級生2人を殺害した事件はまだ記憶に新しいが、6日朝、また同州の学校で生徒が射殺される惨事が起きた。現場は同州アレシャニアの州立校で、ラファエラ・ノヴィンスキさん(16)が、午前8時15分頃、教 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]