ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月23日

 海外県人世界大会を行う福岡県では、「海外福岡県人子弟招へい事業」を行っており、毎年11歳前後の子供たちを地元の小学校に受け入れ、交流を深めている。事前に移民史の授業も行うといい、「海外の子供たちにルーツを感じてもらうのと同時に、福岡の子供たちも勉強になるし、刺激になっている。県人会運営の将来の担い手を育成する目的もある」と田中俊太さん。また、1966年から続く県費留学生制度で、毎年伯国からの5人を含む10人を受け入れているとか。地元福岡での世界大会で、県民パワー炸裂?
     ◎
 ブラジルに先駆けて日本食ブームを迎えたアメリカ。昨月末、ニューヨークのグランド・セントラル・ターミナル駅で開催された「ジャパン・ウィーク」では、あなごめし、神戸ビーフ弁当、博多地鶏弁当など9種類の駅弁が販売された。各地の特産品にスポットを当てることで、地域観光にも関心を持たせる狙いのよう。「日本食」と一括りにされがちな当地で、地域食を広めるヒントになりそう。
     ◎
 ガルボン・ブエノ街のとある中華料理店のメニューには日本語が併記されているが、それがあまりにも可笑しい。「塩漬けの豚肉チャーハン」はまだいいが、牛肉とカレーのリゾットが「牛肉はチャーハンをカレー」となっているのは意味不明だ。他にも「牛肉チャーハン米麺」など、何がメインかわからないようなものも。「エビフライドライスヌードル」は、えびと野菜が入ったカレー味のビーフンらしいが、実物とかけれている。旅行者を連れて行くと受けるかも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年5月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月14日  藤間流日本舞踊学校の藤間芳之丞校長によれば、定着する生徒は少ないが、関心を持つ非日系人は多い。日本でも、文化庁後援による「外国人日本舞踊大会」が開催されたり、外国人客が多いレストランでショーを行う舞踊集団が現れたりと、世界からの注目が高まり […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2012年6月14日 第1回=醤油、牛丼、日本酒の雄に=市場開拓現場の声を聞く ニッケイ新聞 2012年6月14日付け  日本食ブームと言われて久しい。高級なものからテマケリアといった手軽なものまで広がり、2006年にはブラジルの伝統料理を供するシュラスカリアの数を日本食レストランが超えた。名実共に「市民権」を得た格好だが、本場のものとはほど遠いのが […]
  • コラム 樹海2013年10月17日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月17日  日本は10月だというのに真夏日が続き、台風に見舞われている。サンパウロでは朝晩寒かったが、ようやく暖かくなってきた。イベントも盛んになり、本紙編集部の記者も週末は大忙しだ。各地での取材で拾った印象深い10月の言葉から▼「若者が自分から歌詞 […]
  • 大耳小耳2016年5月10日 大耳小耳  時おり「自分史を作りたい」といって来社する人がいる。渡伯してから今までの人生を子孫に読ませるためだ。日ポ両語の本にすることで、若い世代でも読める本になる。子孫からすれば、なぜ自分が伯国で生まれたのか、先祖はどのように生き抜いたのかが分かる貴重な資料。それを読むことで自分のルー […]