ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年10月7日付け

 一次一回のコチア青年が乗った移民船あめりか丸。同船で移住した北原民江さんは当時12歳。船の中では勉強の時間があり、青年たちも子供たちを教えていたという。「いい先生でしたよ」と北原さん。一方で「うちは女ばかりだったから。父親が神経を使ったらしいですよ」とも。百人からの独身青年がいたことで、家族移民の親たちには心労もあったよう。
     ◎
 「海ばかりで退屈だったから、ロスに着いたときは嬉しかった」と振り返るのはコチア青年一次一回の黒木慧さん。リオから乗り込んだコチア組合の山中弘移民課長が「とまどいはあると思うが、組合で支持する。心配するな」と話したことを思い出す。着伯後の時間をすごしたモイーニョ・ベーリョ試験場では下元健吉専務から「君たちは農業の知識はあるかもしれないが、理論と実践は違う。頭でっかちにならず体を使って頑張れ。ブラジルの流儀をないがしろにするな」と激励されたという。
     ◎
 国際交流基金サンパウロ文化センターは9日、同センター図書館(Av. Paulista, 37, 2o. andar紙芝居『ふくろうのそめものや』を開く。入場無料。(午後2時、3時)ポルトガル語(午後2時半、3時半)の各2回。詳しくは同センター(電話=11・3141・0110、メール=info@fjsp.org. br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去2020年12月11日 ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去  元商社マンで元本紙営業部長、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)の僧侶としても活動していた中野超証((ちょうしょう)晃治(こうじ))さんが、10日午前11時頃、心臓発作のためサンパウロ市内のサンタクルス病院で亡くなった。行年84歳。  中野さんは広島県出身。1958年にコ […]
  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]
  • 説明会を開いた大原委員長2015年2月26日 文協評議員選挙=候補82人顔ぶれ変わらず=新会長は現体制派からか=4月25日に理事会選挙  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の評議員選挙が3月28日の定期総会で行なわれるに当たり、立候補の申し込みが今月13日に締め切られた。82団体・個人の候補者が出揃ったところで、選挙管理委員長の大原毅氏が24日午後、説明会を開いた。理事会役員の決定権を持つ重要な評議 […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=712014年12月11日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=71  「ラテン系は美しく、惹かれるものはありますが」と言い、「男性が若いうちはいいが、年齢とともに体力、精神力ともに弱さが出てくるし、食事にしても日本食を恋しくなりますから」と語っている。 ことに体調を崩した時など、日本人なら白かゆや、おじやなどが欲しいはずで、それを病人自身が […]