ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日系の各種イベントも議員割り当て金が見込めないことから開催可否が再検討されているが、連邦政府は緊縮財政に加え、免税を取りやめるなどして実質的に増税を図っている。そのあおりで6月祭の季節だが、今年は例年以上に〃重苦しい祭り〃になりそうだ。サンパウロ商業協会(ACSP)は、同祭でよく販売される主な食料品や商品を例に出し、税金の高さを非難する。アーモンドは36・5%、カンジッカは35・3%、ワインは54%、花火に至ってはなんと約60%もが税金として連邦政府に吸い込まれていく…。同協会のアレンカー・ブルチ会長は「ブラジルの課税は限度を超えた」と苦言を呈している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年11月10日 大耳小耳  薩摩琵琶奏者の櫻井亜木子さんが日本移民110周年を記念し、聖市で演奏会を行う。11日午後4時半からサンパウロ市立劇場、入場料は20~10レ。15日午前11時からはイビラプエラ公園内の日本館で演奏する。櫻井さんは2015年度の文化庁文化交流使。同年も伯国各地で演奏会を行なった。 […]
  • 大耳小耳2018年11月9日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』219号が11月に刊行された。《酔わされて本音試さる妻の酌》(歩)は、もしかして浮気調査? 《人生に越えねばならぬ坂いくつ》(さかえ)。「とっくに数えるのやめました」というツワモノも。《捨ててから急に出てくる使い道》(帰)。だから捨てられなくなる?! 《鈍 […]
  • 大耳小耳2018年11月8日 大耳小耳  ファッション・デザイナー森永邦彦氏による新展示「A Light un Light」が6日から、ジャパン・ハウス(Av. Paulista, […]
  • 大耳小耳2018年11月6日 大耳小耳  在聖総領事館の邦人被害情報によると、10月28日午後2時ごろ、聖市の東洋街にほど違いドットル・ジョアン・メンデス広場付近の路上で、邦人が携帯を引ったくられる事件があった。被害者はレストランで食事後、店内でタクシーを呼んだ。タクシー到着後に手に携帯を持ったまま店の外にでたところ […]