ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年4月25日

 ルーラ前大統領が6月から米国のニューヨーク・タイムス紙の通信社に毎月コラムを寄稿することが決まった。ルーラ氏は22日にニューヨークで契約を交わした。このコラムは世界の政治・経済について語ったものになり、伯国については語らないという。なお、このコラムは英語とスペイン語に翻訳されるが、新聞そのものには掲載されないという。
     ◎
 聖市北部のジャルジン・ペリにあるコーシュン・タカラ大通りでは、2010年の開通以来、歩道の外灯がない状態が続いている。このため同地は暴力犯罪や窃盗、交通事故で知られるところとなり、近隣住人は午後6時を過ぎると家の外に出ない生活を続けているという。住民によると以前ここはファヴェーラで、当時は住民の家の電気で今よりは明るかったというが立ち退きでそれもなくなったという。これではファヴェーラの方がまだましか。
     ◎
 聖市議会は23日、若者の間で人気のバイレ・ファンキを道路やガソリン・スタンド、駐車場で開催することを禁じる法案を賛成多数で可決した。これによると、違反者には2500レアルの罰金が科せられ、音響機材などは没収となる。今後は屋外開催を希望する場合、電気を使用しないか、周囲に人がいない場合のみで、それも市の判断が必要となる。若者の反応はいかに。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下2017年5月24日 サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下  サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の連邦地裁判事が17日、大統領が任期中に外国高官から受け取ったプレゼントは国の財産と見なす判決を下した。  同地裁の判断は、ルーラ元大統領が任期中に他国の首脳や他国の政府要人から受け取った贈物は個人の所有物のはずだと訴えていた件に関し […]
  • 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で2017年5月24日 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で  パラナ州クリチーバ市の連邦検察ラヴァ・ジャット作戦(LJ)特捜班は23日、既に5件の捜査で被告になっているルーラ元大統領(労働者党・PT)に対し、6件目となる起訴(クリチーバ地裁扱いでは3件目)を行ったと23日付現地紙が報じた。  パラナ州連邦検察は、建設大手オデブレヒト社 […]
  • 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに2017年5月23日 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに  【既報関連】食肉大手のJBS社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者ら同社幹部7人の報奨付供述で、テメル大統領(民主運動党・PMDB)やアエシオ・ネーヴェス上議(民主社会党・PSDB、停職中)らへの疑惑が噴き出し、社会党(PSB)が連立離脱を決めたが、PSDBや民主党(DE […]
  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]
  • 東西南北2018年2月8日 東西南北  本日付本頁でも報じているブラジリアでの高架橋崩壊事故。ブラジリアの首都建設からは既に60年近い年月が流れているが、その間、大した補強が行われてこなかったということか。そうなると、今後もこうした事態が続きそうで怖い。2009年頃から調査機関が調査、補修、補強をと、政府に呼びかけ […]