ホーム | 日系社会ニュース | 流行中! デング熱にご注意を=サンパウロ市でも患者数急増=水分補給し、医療機関へ=アスピリン使用にも注意

流行中! デング熱にご注意を=サンパウロ市でも患者数急増=水分補給し、医療機関へ=アスピリン使用にも注意

ニッケイ新聞 2013年4月27日

 今年のデング熱患者が昨年の4倍弱とブラジルメディアで報道された。流行宣言が出たのは海岸部6都市のみだったが、日伯友好病院に問い合わせたところ、今年に入ってからの患者数は16、47、99と増加、4月23日の時点で136人が病院で治療を受けている。肌寒い日が増えてきたものの、まだまだ予断を許さない状態のようだ。感染を防ぐために自宅で出来ることや感染した場合の対処法について、リベルダーデ医療センターの身吉リディア・ミネ医師(54、二世)に聞いた。

 ウィルス感染後、発症までの潜伏期間は4〜10日間といわれる。「ウィルスは1、2、3、4型があり、それぞれ抗体が異なるので、一度罹ったからと言って油断は禁物」と警鐘を鳴らす。
 ほぼ症状が現れない軽症、もしくは高熱、倦怠感、筋肉痛、倦怠感、食欲減退、目の奥の痛み、はしかに似た皮膚発疹といった一過性熱性疾患の症状を呈する場合が7〜8割を占めるが、時には病態が悪化し、鼻や消化器からの出血が伴うデング出血熱や、ショック状態を引き起こすショック症候群を発症することもあるという。
 「重度の場合は死に至ることもあるので、早めの措置が必要。万一、デング熱らしい症状が現れた時は、脱水症状を避けるためしっかり水分を取り、すぐに医療機関に行くことです」と話す。特に子どもの場合は早急の診察が肝要だ。
 一方、「高齢者の場合は高熱が出ないことも多いので、熱のあるなしより体全体の状態で判断することが大切」とアドバイス。よく使われる解熱鎮痛剤アスピリンは出血を悪化させるため、感染の疑いがある場合はアセトアミノフェン(ポ語名Paracetamol)での代用を勧める。
 医療機関としてベストなのは救急病院だが、近くになければその場で検査結果が分かる感染症専門病院や大学の付属病院、ポスト・デ・サウーデをが良いという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太2020年5月13日 特別寄稿=新型コロナ騒動とアマゾン移民史=往時のマラリア禍の心情を今に懐う=パラー州ベレン市在住 堤剛太  現在、パラー州では外出自粛処置が取られすでに3カか月目に入っている。私の住むベレン市では、病院施設がすでにパンク状態と発表され、4月下旬からはマスク無しでの外出は禁止になりまた。4月27日からは罰金を伴う営業活動の停止処置も取られ、5月7日からはベレン市を含めた10市 […]
  • 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年1月27日 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」と […]
  • ニッケイ歌壇(501)=上妻博彦 選2015年11月27日 ニッケイ歌壇(501)=上妻博彦 選 サンパウロ  武田 知子 プリンスの赤い絨毯踏みしめ来、行啓ほぎて握手交はせり すがすがしき微笑受けつつ握手せる紀子様の手の温みじんわり 広島の神楽公演紅葉狩『八岐のおろち』の神話思(も)い出づ 相席の同輩なれど二世とて説明せるをうなづきて見る 混み会うを見越し早めの […]
  • 6歳児デング熱で死亡=サンパウロ市で今年初の死者出る2014年4月9日 6歳児デング熱で死亡=サンパウロ市で今年初の死者出る ニッケイ新聞 2014年4月9日 サンパウロ市保健局が8日、2日にサンパウロ総合大学(USP)付属病院で亡くなった6歳の男児は今年初のデング熱の犠牲者と発表したと8日付各紙サイトが報じた。 少年は発熱と嘔吐、腹痛を訴え、ラッパ区の救急外来で受診後、USP付属病院集中治療室に入院 […]
  • 20分でデング感染確認=SカルロスのUSPが開発2014年3月28日 20分でデング感染確認=SカルロスのUSPが開発 ニッケイ新聞 2014年3月28日  サンパウロ総合大学(USP)サンカルロス校の研究班がデング熱感染の有無を判定する方法を大幅に改善し、わずか20分間で診断が可能になった。  判定には、患者の血液に血液凝固防止剤を加えて遠心分離機にかけ、赤血球などの細胞成分を除いた血漿と、 […]