ホーム | 日系社会ニュース | ピラール・ド・スール文協=創立60周年式典を6月に=「ゆかりの人も参加を」

ピラール・ド・スール文協=創立60周年式典を6月に=「ゆかりの人も参加を」

ニッケイ新聞 2013年5月7日

 ピラール・ド・スール文協(南満会長)は『追悼法要と創立60周年記念式典』を6月9日午前9時から、同会館(Av. Miguel Petrere, 500)で開催する。入場無料。
 南満祭典委員長、森岡正実行委員長、伊藤正男副実行委員長、米村隆夫前副市長が案内のため来社した。
 午前9時から追悼法要、10時から式典。昼食と同時に敬老会を兼ねた演芸会が開催され、日語学校生徒による劇や鳥取シャンシャン傘踊りなど、数多くの余興が繰り広げられる。
 同地への入植は1945年に始まり、戦後の騒乱を経て8年後に日本人会が誕生した。現会員家族数は160。8割は農業に携わる。一昨年には、日語学校卒業生らが中心となり青年会(会員数約60人)も再結成された。
 記念行事とし、テニスコートの設置を予定しているほか、日語学校の校舎増築を希望する意見も上がっている。
 一行は「昔住んだことのある人など、ピラール・ド・スールに縁のある人も来て頂ければありがたい」と呼びかけた。
 問い合わせは同文協(15・3278・1183)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 妙典寺で法要を執り行う英陽さん2015年4月29日 英陽さんが妙典寺を創建=日蓮宗初のブラジル人僧侶=創立2周年法要を開催  「僧侶になって日蓮と仏陀の教えを広めたい」との一心から、日本で修行をし、寺まで創設したブラジル人がいる。アンデルソン英陽さん(42歳)は身延山久遠寺(山梨県)を総本山とする日蓮系最大の宗派「日蓮宗」初のブラジル人僧侶で、聖州サンミゲル・パウリスタ市の自宅二階に一乗山・妙典 […]
  • ■ひとマチ点描■フラビオ・シローと藤田嗣治2018年7月25日 ■ひとマチ点描■フラビオ・シローと藤田嗣治  ブラジルの抽象画家、フラビオ・シロー(Flavio-Shiró)の本名は田中フラビオ駟郎と言う。本人は覚えていないが、幼少のときブラジル名をつけることになり、5つの候補の中から指差したのが「フラビオ」だったという。  アーティスト名については「『Flavio』とか『 […]
  • ■訃報■生長の家講師 松浦昭子さん2014年12月17日 ■訃報■生長の家講師 松浦昭子さん  サンミゲル・パウリスタ市在住の生長の家の講師、松浦昭子さんが14日正午、インデペンデンシア病院で心臓発作により逝去した。享年80。 1998年にわずらった脳梗塞が悪化し、12日に再入院していた。15日に同地文協で告別式が行われ、サウダーデ墓地に埋葬された。 福島県出身、帰 […]
  • ■訃報■神取忠さん2013年2月8日 ■訃報■神取忠さん ニッケイ新聞 2013年2月8日  コチア青年連絡協議会の元会長、神取忠さんが先月24日午後4時ごろ、多機能障害のため聖市SBC病院で逝去した。享年79。 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]