ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年5月9日

 在サンパウロ総領事館の安全対策情報によれば、4日午後7時30分頃、リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街の料理店で3人組の男が店内に侵入し、1人が拳銃で店内の客を威嚇している間、別の2人が各テーブルを回って店内の客から金品を奪い、走り去るという事件が発生した。被害額は175レアル。しかし、「リベルダーデの中華料理店」はたくさんあり、これだけではどの店かわからず注意の仕様がない…と思っていたら、サンジョアキン街近くの「川府」という店だったとの情報が。物騒な事件が頻発している。皆さま十分にご注意を。
     ◎
 岐阜県美濃加茂市で、3月末に閉鎖したソニー子会社工場「美濃加茂サイト」についてソニー側は、工場跡地5・6ヘクタールを売却する方針を固め、今月下旬にも測量作業に入るという。中日新聞、岐阜新聞が報じている。すでに複数の企業が問い合わせているといい、県側は地元から雇用する企業を選定すること、元工場従業員らの再就職支援を求める要望書を手渡したとか。同地のNPOブラジル友の会理事渡辺マルセーロさんは、「まだ多くの人が失業保険をもらっていて特に混乱はない」と話すも、影響が顕著に出てくるのは時間の問題だろう。できるだけ多くの雇用を生む企業に売却されることが望ましい。
     ◎
 最近道端で警察官をよく見るが、ベネジト・ロベルト・メイラ聖州軍警大佐によれば、これも市民の安心感を高めるための対策の一つ。しかし、いくら道に警官が増えても強盗が多いのは事実で、中でも最も狙われやすいのは、すぐに換金できる携帯電話とか。先日、本紙の記者も歩きながら使っていて携帯を盗られかけた。スマートフォンなど高級機器を持つ人も増えている昨今、油断は禁物。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  伯国生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。聖市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。聖市の日系書店などで販売中。郵送での購入希望や問い合わせ […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]