ホーム | 日系社会ニュース | 歌手 マルシアが凱旋ツアー=県連「日本祭」にも出演=デビュー25周年を記念

歌手 マルシアが凱旋ツアー=県連「日本祭」にも出演=デビュー25周年を記念

ニッケイ新聞 2013年5月16日

 1989年のデビュー以来、日本の芸能界で活躍するタレントのマルシア(44、三世)=モジ出身=が、デビュー25周年を記念した『サンパウロ凱旋ツアー』を行うことが決まった。7月19〜21日に開催される『県連日本祭り』に出演するほか、日系企業から希望を募り、販促イベントやディナーショーなどにも出演を予定する。企画・運営に関わるケンブリッジ・コンサルタントの平野司サンパウロ事務所長は「本人の希望だけに、やる気も十分。素晴らしいツアーになる」と自信を見せた。

 デビュー25周年という節目の年を迎えた今年、同じモジ出身で個人的なつながりのあったケンブリッジ社の河野賢二社長に、「ブラジルに感謝の気持ちを伝えたい」と自ら話を持ちかけたことが開催のきっかけ。
 〃凱旋〃へのコロニア歌謡界からの反応も上々のようだ。師でありデビュー曲「ふりむけばヨコハマ」の作曲者、故猪俣公章氏とも付き合いがあったという島田正市・全国カラオケ指導協会ブラジル総本部長は「コロニア歌手の出世頭が原点に立ち戻ってくるのは非常に良いこと。若い三、四世歌手にも刺激になる」と喜ぶ。
 県連の園田会長も「節目の舞台に、日本祭りを選んでくれたことは本当に嬉しい。目玉イベントとなる」と話す。
 『日本祭り』には20、21両日昼間のステージに登場。ツアーは25日までを予定しており、現在日系企業を中心にイベント出演の募集を行っている。問い合わせは平野所長(11・3251・1229)まで。
     ■
 本名・西家一枝マルシア。1985年にブラジルで開催された「TBS歌謡選手権」で準優勝、翌年の「TX外国人歌謡大賞」でブラジル代表に選出されたことをきっかけに訪日、1989年に「ふりむけばヨコハマ」で歌手デビューし、「日本レコード大賞」「FNS歌謡祭」などで新人賞。以来、女優やタレントとして活躍している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ステーキとお茶漬け2014年7月9日 ステーキとお茶漬け  6月以来、一般ニュースまでW杯ほぼ一色で、他のイベントも見事にない。そんな時にも関わらず、先週末サンパウロ市で日本祭りが行われた。20万人近くが訪れる、地元主催では世界最大級の日本文化イベントだ。 そこで静岡新聞社と共に富士山写真展を開催したら、ブラジル代表の試合時間です […]
  • 第15回フェスティバル・ド・ジャポン=『共存する進歩と環境』=20万人の入場期待=県連『日本祭』13日に開幕2012年6月30日 第15回フェスティバル・ド・ジャポン=『共存する進歩と環境』=20万人の入場期待=県連『日本祭』13日に開幕 ニッケイ新聞 2012年6月30日付け  ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)主催の第15回フェスティバル・ド・ジャポン『日本祭』が7月13日(金)から3日間、サンパウロ市のイミグランテス展示場で開かれる。テーマは『共存する進歩と環境』。前田ネウソン実行委員長は […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]