ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年5月16日

 平野所長によれば、マルシアは「ブラジルが日本からも注目されるようになり、彼女自身もそれ関係の露出が増えている。これを機に『日伯の文化交流の懸け橋になる』との思いが強いようです」。昨年9月には、三菱自動車ショールーム内で開かれた「太陽の国ブラジル展」にゲストとして出演し、東日本大震災の被災者のためのチャリティーショーを行うなど、日伯のつながりを意識した活動に今まで以上に力を入れているようだ。
     ◎
 北東パライーバ州に住む夫婦が、6男9女全員に夫の名「ウォルター」を付けて命名した。マイナビニュースが報じた。しかも、女の子には性別を明確にするため更に「マリア」をつけたので、「ウォルタラシア・マリア」「ウォルタリビア・マリア」と随分凝った名前に。それが原因で苦労した彼女たちは自分の名前が大嫌い。だが、父親を愛する彼女らは「変な名前のおかげで強く生きられた」と感謝しているとか。
     ◎
 ロイター通信のニュースによれば、今月1日から、アメリカのワシントン州シアトルからブラジルを目指して、サッカーボールを蹴って運ぶドリブルをしながら旅をしていたリチャード・スワンソンさん(42)が14日、道中のオレゴン州西部で車にはねられて死亡した。直前に仕事を解雇されたことを機に、以前からの夢だったこの〃ドリブル旅行〃に挑戦したという。聖市まで直線距離でも1万キロ以上という大旅行は、たった500キロ足らずで道半ばに…。夢はW杯観戦だったというリチャードさんのためにも、大会の成功を祈るばかり。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年7月2日 大耳小耳  静岡サッカー協会の竹山理事は「(日本代表メンバーに)一昔前は三浦知良を始め中山雅史、名波浩、藤田俊哉…静岡出身が半分なんてこともあったんだよ」と静岡県勢減少を残念がる。今大会は内田篤人(函南町)、長谷部誠(藤枝市)の2選手だけ。全国的にレベルの底上げがなされてきた証でもあ […]
  • 大耳小耳2014年5月20日 大耳小耳  「ちょんまげ隊」は国内外問わず、どこへでもサッカー日本代表の応援に行く。もちろんいつでも正装だ。コンフェデ杯でもひときわ目立つ存在で、その格好のまま電車に乗るなど、世間から大きな注目を浴びたよう。一見、羽目をはずしたようにも見えるこれらの行動は、「東日本大震災を忘れないで […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • ブラジル宮城県人会会長を退任するに当って御礼=前会長 中沢宏一2018年2月3日 ブラジル宮城県人会会長を退任するに当って御礼=前会長 中沢宏一  私は宮城県人会の活動をべースとして様々な社会的活動に参加して参りました。  多くの方々に出会い […]
  • ラファエル・マルケス、日本の思い出を語る=元大宮アルディージャのFW=今年は名門パルメイラスで15得点の活躍2015年12月11日 ラファエル・マルケス、日本の思い出を語る=元大宮アルディージャのFW=今年は名門パルメイラスで15得点の活躍  Jリーグ、大宮アルディージャに2009年8月から12年の半ばまで所属、FWとして97試合出場29得点と活躍したラファエル・マルケス。その後ブラジルのボタフォーゴ、中国の河南建業に所属、15年はパルメイラスの一員として活躍し、公式戦15得点でチーム2位。コリンチャンス、サンパウ […]