ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年5月21日

 18〜19日に聖市で行われた24時間の文化イベント「ヴィラーダ・クルツラル」では、暴力犯罪が例年以上に目立ち、1人が射殺され、さらにもう1人が麻薬中毒が疑われる急死。5人が発砲を受け、6人が刃物で刺された。市が1千万レアルをかけ、4800人の警官を警備に当ててもこの結果。ハダジ聖市市長の望む「ヴィラーダの観光名物化」には、まだまだ課題が山積みだ。
     ◎
 PSDB党首への希望が絶たれたジョゼ・セーラ氏は、18日の党大会に遅れて出席し、「私はこれまで橋の下にたくさんの水が流れて来るのを見た」という発言を行った。発言の真意は不明だが、関係者はセーラ氏が今回の党の決定になおも不満があるのではと見ている。14年大統領選出馬の夢を捨てていないとされるセーラ氏は、離党して新党の民主運動(MD)に移籍するのではという説もあるが、この先、驚くような大きな展開はあるのか。
     ◎
 サッカー州選手権では聖州以外でも19日までに優勝が決まったところがある。主な優勝チームはリオがボタフォゴ、ミナス・ジェライスがアトレチコ・ミネイロ、南大河州がインテルナシオナル、パラナ州がコリチーバ、サンタカタリーナ州がクリシウマ、ゴイアス州がゴイアス、ペルナンブーコ州がサンタクルス、バイーア州がヴィットーリアとなっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]
  • 東西南北2017年4月21日 東西南北  本面でも報じているように、ルーラ元大統領にまつわる疑惑のひとつ、アチバイアの別荘問題に関して、オデブレヒト社側から疑惑を後押しする証言が相次いでいる。それにも関わらず、18年大統領選での同氏の人気は依然、高いままだ。イボッピが20日に発表した大統領選挙のアンケートによると、「 […]
  • 東西南北2016年3月19日 東西南北  ルーラ前大統領の官房長官就任騒ぎで国が激震している中、明日20日に予定されている民主社会党(PSDB)の聖市市長選候補選決選直前の18日、アンドレア・マタラゾ氏がPSDB脱退を申し出た。これによって、ジョアン・ドリア氏の同党からの出馬が決定的になった。マタラゾ氏はジョゼ・セー […]
  • 東西南北2014年10月7日 東西南北  アエシオ氏の逆転劇で話題となった今年の大統領選一次投票だったが、もうひとつの話題は、4位にルシアナ・ジェンロ氏(社会主義自由党・PSOL)が入ったことだ。党の知名度では、エヴェラウド氏のキリスト教社会党(PSC)やエドゥアルド・ジェルジュ氏の緑の党(PV)の方が上だったが […]
  • 東西南北2016年3月9日 東西南北  ジェラウド・アウキミン聖州知事(PSDB)は7日、聖州商業協会のイベントで、エル・ニーニョ現象に伴うこの春~夏の豊富な降水量から「水危機は解消した」と言い切った。この席で同知事と隣り合った州内政界の大物のひとり、パウロ・マルフ氏はこの席上で、アウキミン氏の政治手腕を評価し、「 […]