ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10日にはサンパウロ市北部フレゲシア・ド・オーで、ロベルト・エンリケ・アラウージョ・ブラガさん(16)が近づいて来て携帯を奪おうとした強盗と口論になり、口を銃で撃たれて亡くなった。今日、彼らの世代はたいてい携帯を持っているので、この手の犯罪は誰にでも起こりうる。この年頃の子を持つ親は、気が気でないはずだ。

     ◎

 隣国でも、通称「アルゼンチンのラヴァ・ジャット作戦」と呼ばれる大型汚職に関する捜査がはじまっている。13日午前中には収賄などの疑いが持たれているクリスチーナ前大統領が担当の連邦判事のもとに向かったが、書面で書いたものを提出したのみで、質問への返答は一切せず。さらには捜査の無効も訴えたという。どこの国でも、起こっていることは似たようなものか。たまにはクリーンな政治家の話も聞きたいが。

     ◎

 12日のサッカーの全国選手権。サンパウロはスポルチに3―1で快勝し、首位をキープ。パルメイラスも1―0でヴァスコ・ダ・ガマに勝ったが、コリンチャンスはシャペコエンセに1―2で敗れ、上位浮上はならなかった。サントスは1―3でアトレチコ・ミネイロに完敗し、2部降格圏内の17位に落ちてしまった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • シャペコエンセ=スタジアムで合同葬開催=大統領、FIFA会長も出席=大雨の中、市民が別れ惜しむ2016年12月6日 シャペコエンセ=スタジアムで合同葬開催=大統領、FIFA会長も出席=大雨の中、市民が別れ惜しむ  11月末コロンビア、メデリン近郊で起きた搭乗機墜落事故で死亡した、サッカーチーム、シャペコエンセの選手たちの遺体が今月の3日、サンタカタリーナ州シャペコー市に搬送され、ホームスタジアム、アレーナ・コンダーで追悼式典が行われたと、4、5日付現地紙・サイトが報じた。  この […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、伯国でもなじみの企業をまわる予定だ。韓 […]
  • 東西南北2015年10月27日 東西南北  今年の全国高等教育試験(Enem)も遅刻、会場間違い、カンニング疑いの退場等、毎年恒例のハプニングが繰り広げられた。聖市西部バラ・フンダ区の私大Uninoveでは、午後1時の入場締め切り間際に息も絶え絶えで駆け込もうとした女子学生が、付近の男性に半ば投げ入れられるようにして間 […]
  • 東西南北2018年8月15日 東西南北  大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏が雇っていた「架空の議員職員」とされる人物で、同氏の家庭内労働者の家族とされるヴァルデリセ・サントスさんが、つい最近、解雇されていたことが判明した。彼女はリオ州内でアサイーの店を経営する人物で、ボウソナロ氏の疑惑は今年1月に浮上。以来、この […]