ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、スポーツ裁判所から訴えられた。これらの動きを巡り、「大統領からの検閲行為」と批判する声があがっている。一方で「自分たちだって言葉を狩られている」と言って、この行為を擁護する人も実際にいる。この場合、「嘘を流していないか」「その発言が批判された人や家族の身の安全にかかわらないか」が判断材料だと思うが、果たして、今回の場合は?
     ◎
 9月に入って真夏日が多く、週末は海岸が人でごった返す状態が続いており、水の事故が相次いで報じられている。先週末も、26日に大サンパウロ都市圏カジャマールとカンピーナス、サンパウロ市南部パレリェイロス、27日にはABC地区のサントアンドレでも溺死が報告されている。海岸部を含めると、この両日で36件も「誰かが溺れた」との記録が報告されたという。気をつけなければならないのは、感染だけではなさそうだ。
     ◎
 30日はサッカーのリベルタドーレス杯の試合が行われ、パルメイラスが本拠地アリアンツ・パルケでボリバル(ボリビア)と、サンパウロが敵地アルゼンチンでリーヴェル・プレイトと対戦する。パルメイラスは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。逆に、サンパウロは敗れると脱落となるので、なんとしても勝ちたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年3月14日 東西南北  12日、ブラジルのネットでは「コインシデンシア(奇遇)」という言葉が飛び交った。それは本面でも報じたように、マリエーレ・フランコ氏を殺害した容疑者の一人はボルソナロ大統領の隣人で、互いの子供が交際していると警察が発表してしまったことと、もう一人の容疑者がボルソナロ氏と写真に写 […]
  • 東西南北2018年10月31日 東西南北  大統領選が終わったら、これまでは表に出てこなかったジャイール・ボルソナロ氏夫人のミシェル氏がようやく公衆の前に姿を現すようになり、29日、グローボ局の取材に答えた。ボルソナロ氏の3番目の妻で、現在36歳。8歳の娘ラウラちゃんの母親でもある同夫人は、「夫はよく、ファシストの上、 […]
  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボルソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年10月2日 東西南北  1日のネットは、コロナ検査キット用献金が、ミシェレ大統領夫人が代表の政府プログラムにこっそり回されていた報道で湧いた。これで「ミシェキ」のあだ名が再び盛り上がっている。このあだ名は、同夫人がラシャジーニャ疑惑の渦中にあるファブリシオ・ケイロス容疑者から謎の小切手(シェッキ)を […]