ホーム | 日系社会ニュース | 本紙独占取材!=日本サッカー協会技術委員長 原博実氏=「日系人の応援に応えたい」

本紙独占取材!=日本サッカー協会技術委員長 原博実氏=「日系人の応援に応えたい」

ニッケイ新聞 2013年6月18日

 コンフェデレーションズ杯開幕戦を翌日に控えた14日夜、日本代表チームの宿泊先であるクビチェッキ・プラザホテルで、原博実・日本サッカー協会技術委員長が本紙のインタビューに応じ、決戦に向けた意気込みや在伯日系人に対する印象を語った。以下記者との一問一答。

—試合を直前に控えた練習の内容、選手の様子は。

 軽く体を動かして、短い時間紅白戦、あとはリラックスしながらそれぞれが調整、準備をした。のびのびと出来ていたと思う。日本のサッカーの現在は、ブラジルからの助けなしでは有りえなかったことは皆が理解していて、そういう相手のホームで真剣勝負ができることは非常に大きな経験。日本人やブラジルにいる日系の人たちも楽しみにしてくれていると思う。

—日系移民の多いサンパウロ市のリベルダーデ地区では、日伯戦の観戦会が予定されるなど、多くの日系人が日本を応援している。原技術委員長自身の日系に対する印象は?

 昨年あった(今大会の)抽選会で(ブラジルに)来たときから、日系の方々の頑張りで、ブラジルで「日本」が評価され信頼を勝ち取ってきたことを聞いていて、凄く嬉しく感じた。応援にこたえるためにも、感動してもらえるような、楽しんでもらえるような試合をしたい。

—選手たちの日系人や日系社会に対する印象はどうか。

 今の代表の主軸は、かつてサントスで活躍したカズ(三浦知良=元日本代表、横浜FC所属)に憧れてサッカーをやってきた世代。そういった意味でも、ブラジルにカズを助けた日本人が多くいて、彼らが(ブラジル社会で)活躍してきたことは知っているのでは。100年以上前からの(移民の)歴史もそうだが、ジーコをはじめ多くのブラジル人のおかげで日本サッカーが発展してきたことを考えれば、(両国は)固い絆で結ばれている。そういう相手と真剣勝負が出来ることは嬉しいこと。
    ■
 インタビュー全文は、弊紙フェイスブックファンページ(www.facebook.com/nikkey.shimbun)14日投稿記事に記載しています。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]