ホーム | 連載 | 2013年 | 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩 | 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(32)

第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(32)

 後 者は、ブラジルに居って、志願あるいは召集により、イタリア戦線へ出征した日系兵士たちである。もっともイタリアは降伏した後で、戦った相手はドイツ軍であった。1944年から45年にかけてのことである。
 イタリア戦線へのブラジルからの派遣軍の総数は2万5千名、その中に日系兵士は40余名。戦死者は全体で451名、日系は1名。
 2009年、筆者は生存者を探してみた。協力者=京野ヨシオ退役陸軍大佐=のおかげで、一人見つかった。児玉ハウーである。サンパウロにある在郷軍人会の本部で会うことになった。その本部に行くと、老齢の人々が懐かしげに歓談していた。イタリア戦線への出征兵士の集りということであった。が、日系らしい顔つきの人がいない。
 京野大佐が「こちらが児玉さん」と引き合わせてくれたので、児玉と判ったが、顔つきはブラジル人そのものだ。日本語は全く話せない、という。ブラジル生まれの日系の夫人もいたが、やはり、それに近い。二人の喋り方も仕草も完全にブラジル人そのものだ。目だけが日本人的な感じを残している。こういう日系人はめずらしい。既述の、戦前のブラジル生まれの日本人とは違う。
 児玉は92歳だという。至極、元気そうだ。「私の両親は笠戸丸移民だ」と誇らしげに微笑した。1917年に生まれ、少年時代はソロカバナ線プレジデンテ・プルデンテで育った。後、サンパウロ市内の農機具商で働いた。1944年に召集された。その数年前に陸軍の短期コースの教育を受けたことがあり、その関係で指名されたのだろう、という。
 一兵士としてイタリア戦線に送られた。ドイツ軍と交戦中の前線と後方の補給基地を往復する貨物自動車の運転手をした。兵糧弾薬を前線へ、死傷した兵士を後方へ、運んだ。
 1945年2月、最大の激戦地モンテ・カステロでドイツ軍の砲撃を受け、足に重傷を負った。近くに居た少尉の首が身体から、ちぎれて吹っ飛ぶのを見た。児玉は、米国に送られ、治療を受け、46年退役した。
 筆者は「日本の同盟国ドイツと戦うことに、何か感じなかったか?」と聞いてみたが、答えは「向こうは向こう、コッチはコッチ」と、カラリとしたものであった。
 「ブラジルからの派遣軍の指揮官の中にはドイツ人もいた。それがドイツ軍と戦っていた」とも付け加えた。
 児玉は、イタリア戦線へ出征した日系兵士が、もう一人生きているかもしれない、と教えてくれた。居所はモジ・ダス・クルーゼスの何処かだという。筆者はモジの知人に問い合わせてみたが誰も知らない。モジといっても広く日系人は多い。半ば諦めかけて数カ月後、別の取材先で偶然手がかりを得、会うことができた。
 その兵士の名前はナカソネ・サツキという。モジの市街地の外れに住んでいた。2010年、その自宅を訪れて話を聞いた。
 身体が衰弱しており、聴力も弱っていた。その聴力のことは予め聞いていたので、ポルトガル語で書いた質問書を用意して行った。が、視力も衰えており読めない。こちらの質問を、家人がサツキの耳元で、何回も繰り返した。
 88歳。両親は沖縄県人。「ナカソネ・サツキ」を日本文字でどう書くかは知らないという。マズイ事に、昔のことは殆ど忘れたともいう。
 家人の話によると、イタリア戦線から復員後、戦争の話をすると、ネルボーゾ(神経が昂ぶる) 状態になり、肌に白いまだら 斑が点々と浮いた。医者の指示で戦争の話はしないようにし、本人も忘れるべく務めた。
 止むを得ず「何でもよいから覚えていることを話してくれ」と、頼んだ。
 以下は、そうして聞いた断片的な話である。
「生まれは1921年、インダイアツーバ。小学校もロクに行かず、7、8歳頃から牛追いをした」
「42年に召集された。新聞に何年生まれの者は来い、と通知が出たので、行ったら、兵隊にとられた」(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 2008年2月9日 祝・トヨタ・ド・ブラジル50周年 ニッケイ新聞 2008年2月9日付け トヨタ・ド・ブラジル=伯国進出半世紀を祝う=ルーラ大統領「さらなる経済交流を」=豊田章一郎名誉会長、4人の元社長らも列席  「更なる将来の発展を」―――。ブラジル進出50周年を迎えたトヨタ・ド・ブラジル(長谷部省三社長)の記念セレモ […]
  • 第14回 ブラジル文化の根っこ2015年1月24日 第14回 ブラジル文化の根っこ  ブラジルの有力紙エスタド・デ・サンパウロ紙が2015年1月4日に創刊140周年を迎え、関連の特集を連日組んでいる。1875年の創刊だが、日本の読売新聞が1874年、朝日新聞が1879年創刊なので、ほぼ同時期にスタートをしていることになる。その特集の中に、エスタド紙の歴史と […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]