ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年6月27日

 ブルーツリーホテルズの青木智栄子社長が、「ブラジルで最も影響力のある女性」2位に輝いた。世界版ランキングには、アンゲラ・メルケル独首相に次いでジウマ大統領が2位にランクイン。以下にメリンダ・ゲイツやミッシェル・オバマ氏が続く。政治家、起業家、芸能人など世界の様々な分野から100人が選ばれたが、残念ながら日本女性はランクインならず。帰化人とはいえ、青木社長のランクインがちょっと誇らしい。
     ◎
 ベロ・オリゾンテ会場含め、コンフェデ杯ではどの会場でも日本語を解するスタッフは足りないよう。青木さん夫妻の取材中に道を尋ねてきた日本代表サポーターの若者も「(日本対イタリア戦のあった)レシフェでは日本語の通じる関係者全くがいなくて苦労した。本当に助かります」とほっとした様子。来年のW杯ではさらに多くの観客の訪問が予想されるだけに、両語に堪能な日系人の積極的な参画が求められる!?
    ◎
 本紙の読者投稿欄「ぷらっさ」では、今まで文章しか掲載しない方針だった。でも、読者から「写真も載せたい」との要望が多く寄せられており、今後しばらく試験的に写真付きで掲載することになった。旅行記や人物紹介、珍しい動植物の話など、写真があった方が読む人に分かりやすい場合、ぜひ写真付きで投稿を。ただし、最近は写真の著作権問題が厳しくなっているので、本人や家族が撮ったような著作権に法的問題がないものに限ります。日本や当地の新聞や雑誌の切り抜きは掲載不可なので、あらかじめご了承を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 東西南北2014年4月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月5日 3日朝、400年以上前にサンパウロ市の建設にも携わったことでも知られているアンシエッタ神父の列聖が行なわれた。同神父の聖人化はこれで決まり、24日にローマで行われるミサで、フランシスコ法王立会いのもと、正式な聖人化の儀式が行なわれる。これではブ […]
  • 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める2014年3月29日 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める ニッケイ新聞 2014年3月29日  電力危機がささやかれる中、エジソン・ロボン鉱山動力相がはじめて、「節電する必要が生まれる可能性がある」ことを明かした。28日付伯字紙が報じている。  鉱動相はこれまで電力制限の可能性を否定してきたが、経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナ […]
  • 水資源庁が2知事批判=サンパウロ州とリオ州の水紛争で=アウト・チエテも水位低下2014年3月27日 水資源庁が2知事批判=サンパウロ州とリオ州の水紛争で=アウト・チエテも水位低下 ニッケイ新聞 2014年3月27日 【既報関連】カンタレイラ水系の水位低下が続き、アウキミンサンパウロ州知事がパライバ・ド・スル川の水をカンタレイラ水系に引くという案を発表した事で起きた水紛争に、ヴィセンテ・アンドレウ国家水資源庁長官がサンパウロ州知事とリオ州知事の論争は何の […]
  • サンパウロ州知事が水求め陳情=国が管理する川から取水?=カンタレイラは益々逼迫2014年3月20日 サンパウロ州知事が水求め陳情=国が管理する川から取水?=カンタレイラは益々逼迫 ニッケイ新聞 2014年3月20日 【既報関連】サンパウロ州の「水瓶」カンタレイラ水系が枯渇してきている事を受け、アウキミンサンパウロ州知事が18日にジウマ大統領にパライバ・ド・スル川の水を同水系に引く許可を求めたと19日付伯字紙が報じた。 大サンパウロ市圏とカンピーナス地方 […]