ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 「ちょんまげ隊」は国内外問わず、どこへでもサッカー日本代表の応援に行く。もちろんいつでも正装だ。コンフェデ杯でもひときわ目立つ存在で、その格好のまま電車に乗るなど、世間から大きな注目を浴びたよう。一見、羽目をはずしたようにも見えるこれらの行動は、「東日本大震災を忘れないでほしい」という強いメッセージの表れでもある。
     ◎
 彼らがW杯招待企画で抱えた問題の一つは、子供たちを預かること。藤井さんは「他人にわが子を任せ、国外へ旅行させる。最も遠く、しかも治安の悪い印象のブラジルとあって、保護者の理解を得るまで苦労したようだ」と語るも、添乗員を配置することで納得してもらったという。課題を乗り越え着実に一歩ずつ前進する今企画。子どもらの期待を背負ったちょんまげ隊の思いは、まっすぐブラジルに向かっている。
     ◎
 マクドナルドでフェイジョンが食べられる?!当地雑誌記事を読んで目を疑った。記事によれば、従業員が、まかないのハンバーガーを拒み、フェイジョン、ご飯をと訴えたことが発端。従業員に提供される食事が客に提供できないのはおかしいとのことで、隠れメニューとして提供されることになったとか。その定食には、サラダ、飲み物、鶏肉・牛肉・魚のサイドがつき、通常のビッグマックセットの4レほど高い23レで提供される。ブラジルを訪れた際には「プラト・エスクルジーボ(特別メニュー)」を試すのはいかが?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年7月2日 大耳小耳  静岡サッカー協会の竹山理事は「(日本代表メンバーに)一昔前は三浦知良を始め中山雅史、名波浩、藤田俊哉…静岡出身が半分なんてこともあったんだよ」と静岡県勢減少を残念がる。今大会は内田篤人(函南町)、長谷部誠(藤枝市)の2選手だけ。全国的にレベルの底上げがなされてきた証でもあ […]
  • 大耳小耳2013年5月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月16日  平野所長によれば、マルシアは「ブラジルが日本からも注目されるようになり、彼女自身もそれ関係の露出が増えている。これを機に『日伯の文化交流の懸け橋になる』との思いが強いようです」。昨年9月には、三菱自動車ショールーム内で開かれた「太陽の国ブラ […]
  • アギア・デ・オウロの主要ダンサーに囲まれるジーコ氏(中央)2015年2月6日 ジーコがアギアの大使就任=サンパウロ市カーニバルに初参加=長年の日伯友好の実績買われ=「招待され非常に光栄」  元サッカーブラジル代表として3度のW杯に出場、後に日本のJリーグでもプレーし、日本代表監督も務めたジーコ氏が3日の午後3時、サンパウロ市のサンバチーム「アギア・デ・オウロ」(以下アギア)を訪れ、「大使」役就任とパレード最後尾の山車(カーホ・アレゴリコ)に乗ってパレードに参 […]
  • ラファエル・マルケス、日本の思い出を語る=元大宮アルディージャのFW=今年は名門パルメイラスで15得点の活躍2015年12月11日 ラファエル・マルケス、日本の思い出を語る=元大宮アルディージャのFW=今年は名門パルメイラスで15得点の活躍  Jリーグ、大宮アルディージャに2009年8月から12年の半ばまで所属、FWとして97試合出場29得点と活躍したラファエル・マルケス。その後ブラジルのボタフォーゴ、中国の河南建業に所属、15年はパルメイラスの一員として活躍し、公式戦15得点でチーム2位。コリンチャンス、サンパウ […]
  • 日比野さん(中央)とアーツカウンシル東京の皆さん2015年6月20日 リオ五輪から東京へ橋渡し=都「キャラバン」文化発信=日比野克彦氏ら来伯調査=文化の変容テーマに構想  ダンボールを使った「ダンボールアート」で一躍脚光を浴びた岐阜県出身の芸術家・日比野克彦さんが、2020年東京五輪に向けて文化事業「東京キャラバン」を開催するにあたり、東京都歴史文化財団「アーツカウンシル東京」のメンバーらと共に当地に下見調査に訪れた。来年五輪が開幕するリオ […]