ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月4日

 静岡文化芸術大学の池上重弘教授が県内9大学を対象にネット上でアンケートを行った所、大半の大学が定住外国人学生の在籍状況を把握していないことが分かった。入試制度、減免措置、奨学金に関しても、一校を除いては対応なし。しかし、「大学進学を目指す外国人児童が増えている今、こうした制度へのニーズも高まるだろう」と池上教授。教授や外国人生徒らが一丸となったフォーラムのような取り組みが、いつか実を結ぶはず。
     ◎
 3日付けで報じた七夕祭り問題。単独開催が決まったACALは、今まで宮城側に依頼していた竹の準備を自前ですることに。「竹100本で、今まで(宮城に)2万レアル近く請求されていたものが2千レで済んだ」と関係者。さらに「飾り付け代を合わせると総額6万レ以上。今までそのお金を何に使っていたのか聞いてみたいね」と、うすら笑い。「商業ベース過ぎる」とACALを批判していた中沢会長に確認すると「2万なんてとんでもない。竹は5千もかかっていない。飾りつけに橋の上の電気代、警備合わせても2万5千程度」とか。さて、どちらを信じていいのやら。
     ◎
 「ブラジルと日本の融合による新たな化学反応」をテーマに13日、東京都中央区の日本橋で音楽イベント「エストレーラ・ブラジア」(ESTRELA BRASIA)が開かれる。エストレーラは星、「ブラジア」はブラジル+日本(アジア)の意味。ラテン、ジャズ、ロック、ハウス、テクノなど、多彩な音楽の融合イベントだ。リオに本部を置くカポエイラ団体支部「コルドン・デ・コスタス」や、サンバ出場経験ある「ヴィラ・ド・サンバ」も出演するとか。首都・東京での開催なだけに、ブラジル文化の注目度アップも期待できそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  ブラジル生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。サンパウロ市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。サンパウロ市の日系書店などで販売中。郵送での […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯してブラジル中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこ […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]