ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月4日

 静岡文化芸術大学の池上重弘教授が県内9大学を対象にネット上でアンケートを行った所、大半の大学が定住外国人学生の在籍状況を把握していないことが分かった。入試制度、減免措置、奨学金に関しても、一校を除いては対応なし。しかし、「大学進学を目指す外国人児童が増えている今、こうした制度へのニーズも高まるだろう」と池上教授。教授や外国人生徒らが一丸となったフォーラムのような取り組みが、いつか実を結ぶはず。
     ◎
 3日付けで報じた七夕祭り問題。単独開催が決まったACALは、今まで宮城側に依頼していた竹の準備を自前ですることに。「竹100本で、今まで(宮城に)2万レアル近く請求されていたものが2千レで済んだ」と関係者。さらに「飾り付け代を合わせると総額6万レ以上。今までそのお金を何に使っていたのか聞いてみたいね」と、うすら笑い。「商業ベース過ぎる」とACALを批判していた中沢会長に確認すると「2万なんてとんでもない。竹は5千もかかっていない。飾りつけに橋の上の電気代、警備合わせても2万5千程度」とか。さて、どちらを信じていいのやら。
     ◎
 「ブラジルと日本の融合による新たな化学反応」をテーマに13日、東京都中央区の日本橋で音楽イベント「エストレーラ・ブラジア」(ESTRELA BRASIA)が開かれる。エストレーラは星、「ブラジア」はブラジル+日本(アジア)の意味。ラテン、ジャズ、ロック、ハウス、テクノなど、多彩な音楽の融合イベントだ。リオに本部を置くカポエイラ団体支部「コルドン・デ・コスタス」や、サンバ出場経験ある「ヴィラ・ド・サンバ」も出演するとか。首都・東京での開催なだけに、ブラジル文化の注目度アップも期待できそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 技術実習生受入れ枠拡大へ=静岡県人会60周年式典で=先人偲び、川勝知事が言及2017年8月30日 技術実習生受入れ枠拡大へ=静岡県人会60周年式典で=先人偲び、川勝知事が言及  ブラジル静岡県人会(原永門会長)は今年創立60周年を迎え、27日午前11時より同会館で記念式典を開催した。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席し、記念の節目を祝すと共に、技術実習生の受入れ枠を拡大の検討を約束し、今後より一層交流を深めていく姿勢を示した […]
  • 大講堂が一杯となった踊り初め2014年1月18日 藤間流が新春踊り初め=10代の若手も活躍中 ニッケイ新聞 2014年1月18日 藤間流日本舞踊学校(藤間芳之丞会主)が、12日に文協大講堂で「第53回新春日本舞踊 踊り初めの会」を開催した。芳之丞会主ほか名取や門下生約40人が踊りを披露、約800人が出席し踊りを楽しんだ。 演目に先立って、門下生たちが「藤間流芳之丞師 […]
  • 2012年11月24日 第12回=サンルイス=名物ボイ踊りを堪能=青年隊員の知られざる貢献 ニッケイ新聞 2012年11月24日付け  最後に、山田清さんが手配した同州が誇る芸能「ブンバ・メウ・ボイ」を踊るチーム「ボイ・デ・ルア」の舞踏が披露された。若者40人がバンドと踊り子に分かれ、植民地時代に富を象徴した「牛」を中心に、インディオの魔術師役、カボクロ役、黒人 […]
  • 大耳小耳2012年7月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年7月18日付け […]