ホーム | 日系社会ニュース | タウバテ親睦会が芋煮囲み=来年からは広く参加募り

タウバテ親睦会が芋煮囲み=来年からは広く参加募り

ニッケイ新聞 2013年7月5日

 工業移住者によるタウバテ仲間親睦会(安藤光明会長、1983年発足)が先月30日、カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで『第31回タウバテ芋煮会』を2年ぶりに開催した。平均年齢75歳、30人の移住者らが和やかなひと時を過ごした。
 芋煮会とは、河川敷など野外に集まり、里芋を使った鍋料理を作って食べるという東北地方(主に山形)の秋の行事。
 当時、タウバテ工業団地には北三工業木材、ダルマ電子、大同や天童木工など日系企業が並んで操業していたが、天童木工が山形の進出企業だったことから、東北出身の工業移住者が多かったという。安藤会長らが中心となり、工業移住者協会のタウバテ支部として同会を発足する1年前から、毎年目玉イベントとして開催してきた。
 今回は、秋田出身の安藤会長をはじめ、佐藤晃、国谷清明、吉田公彦夫妻、松平和也さんらが中心になって企画。
 桜の花がポツリポツリと咲き始めた同ホームで、里芋、こんにゃく、ねぎ、ごぼうや肉を大なべで煮込んだ芋煮に、皆が持ち寄った酒や果物、炊き込みご飯などを囲い、久しぶりの再開を喜びあった。
 今回初めて参加したという石田幸作さんは、「みんな良い笑顔だった」と喜んでいた。
 安藤会長は「来年からは、工業移住者が主体の『タウバテ仲間親睦会』を『芋煮愛好会』に名前を変えて、誰でも参加できるようにするつもり。先の短い人生だから、皆で楽しく過ごしたい」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • 《ブラジル》移民110周年=環境音楽家ファビオさん=野鳥の囀り入れた楽曲披露2018年4月25日 《ブラジル》移民110周年=環境音楽家ファビオさん=野鳥の囀り入れた楽曲披露  環境音楽家のピアニスト、ファビオ・カラムルさんが15日午前、サラ・サンパウロでコンサートを行なった。約2時間もの公演では日本とブラジルの鳥の囀り、録音した虫の声などを基に作曲した約20曲を披露し、観客を癒した。後援は日伯文化連盟(アリアンサ)、レストラン木下。ブラジル […]
  • ブラジル陸軍の日に3氏顕彰=名誉協力章に野口総領事ら2018年4月26日 ブラジル陸軍の日に3氏顕彰=名誉協力章に野口総領事ら  今月19日の「陸軍の日」を記念し、ブラジル陸軍南東軍司令部で行われた表彰で、日系社会から野口泰在サンパウロ総領事、平崎靖之氏、池崎博文氏の3氏が称えられた。  これは1648年4月19日にペルナンブーコ州に野営中だったオランダ軍に、わずか2千人弱のポルトガル軍が外敵 […]